金のやわらかさと扱い方、鑑定法

地球の誕生と同時に生まれた金は、長い長い年月を経て、たくさんの人
の手を介しながら金製品へと生まれ変わります。たったひとつのアクセ
サリーにも、壮大な歴史が秘められているのでしょう。

金と言うと黄金色を思い浮かべると思います。地金や金貨は、金色に近
い色で輝きを放っているイメージです。金は光を反射するので、独自の
色はあまりないもの。

ですから、少しでも混ぜ物をすると、すぐに色が変わります。そもそも
金はやわらかい金属ですから、純度100%のままでは装飾品として使
いづらいものがあります。また、日本における金の歴史のなかで、悪代
官が金の小判をかんで判定したと言うエピソードがあります。

純度が高い金は、力を加えればたわみ、噛めば歯形がついてしまう程の
やわらかさです。もし純金で指輪を作ったら、ちょっと重たい荷物を持
っただけで、すぐにゆがんでしまうでしょう。そうなると、純金の装飾
品の用途は限られてきます。飾りに使う方法が納得。身に着けるものに
は使えそうにないようです。

その特性を考えて、装飾品を作る場合は、扱いやすい硬度の金にする為
にわざと別の金属を溶かし込み、合金にして使います。その混ぜ込む金
属の種類や配合率によって、いろいろな色の金製品が出来上がるのです。

関連記事

ページ上部へ戻る