世界一金相場を左右している国はどこ?

2007年。日本では平成19年。比較的最近といえます。中国はつい
に、金の産出量で長いこと世界一だった南アフリカを追い抜きました。

中国は今さら言うまでもない、世界最大の広さを持った国です。新たな
金鉱脈の発見が続いていますし、技術開発も進んでいます。当分の間、
「金の産出量は中国の独走」となる可能性が高いようです。

それに中国は、パソコンや携帯電話などの普及が進んでいるのに、それ
ら電子機器のリサイクルが、日本ほどには進んでいません。ということ
は、中国の「都市鉱山」の開発はこれからです。

中国の人口は約13億人。たとえば携帯電話の普及率が一人あたり一台
と考えても、膨大な数の携帯電話が使われていることになります。パソ
コンも同様。中国の人口に対し、普及している電子機器の全体量を考え
ると、将来、電子機器のリサイクルが整備されたときの、「中国の都市
鉱山」からの金の供給量は、かなり期待できるものになるでしょう。

また、中国には伝統的に、縁起の良い純金を尊ぶ習慣があります。赤ち
ゃんの誕生や、新年のお祝いなど、慶事に純金を贈る習慣がありますし、
ネックレスや指輪なども、純金製が好まれています。

中国では今、金売買の自由化が進められています。今後それが本格化す
れば、中国での金の売買は今以上に活発になるでしょう。中国は現在、
世界の金の需要にも供給にも、大きな影響を与える国になりつつあるの
です。

関連記事

ページ上部へ戻る