「金色」と聞いた時、どんな「金色」を思いつきますか

「金色」といえば、折り紙に入っている「金色」のような色を思いつく
人が多いのではないでしょうか。これはイエローゴールドの色をまねた
ものです。

金といっても、混ぜる金属の種類や配合率で色が変わります。

イエローゴールドは、金が75パーセントで、残りは銀や銅。銀15パー
セントと鋼10パーセントの配合から、銀10パーセントと銅15パーセ
ントの配合までが、イエローゴールドとされています。

グリーンゴールドは金が75パーセント、銀が25パーセント。「青割り」
や「青金」はグリーンゴールドを指して言われる言葉です。

レッドゴールドは、金が75パーセント、銅が25パーセント。

ピンクゴールドは、金が75パーセント、残り25パーセントは銅やパラ
ジウム。

このようにしてさまざまな色を出すわけですが、ホワイトゴールドとい
うものもあります。

ホワイトゴールドもカラーゴールドの一種。

1917年に、プラチナの代用品としてアメリカで発明されたもので、長
くプラチナの代役を果たしてきました。ですから、プラチナとホワイトゴ
ールドを混同する人も多いようです。

金に銅・亜鉛・ニッケル、または、金に銀・銅・パラジウムを加えたもの
がホワイトゴールド。ただ、ニッケルかパラジウムは5パーセント以上の
比率にしないと、白みが出ないそうです。

関連記事

ページ上部へ戻る