金の55パーセントは私的な保有。その他45パーセントはどこに?

金はとても軟らかい金属です。純金の指輪は、幅や太さによっては、強
く力を入れただけで曲がってしまうものがあります。

純金の指輪を日常使いにしていると、自分の指の形どおりになってしま
うことがあります。変形した指輪ともいえるのですが、自分の指どおり
になじんだ指輪もそれはそれでユニークなもの。

軟らかいだけに表面が傷つきやすく、金が何らかの用途に使われるとき、
他の金属と混ぜて合金にされることが多いのはそのため。

金の用途でもっとも多いのは、私的保有で、約55パーセント。金貨や
金の延べ棒などの形で、私的に保有されているものです。あとの45パ
ーセントのうち、もっとも多い用途は装飾品。金の総量の約25パーセ
ントが、装飾品として利用されています。

金が装飾品として利用されるのは、むろん美しく、希少価値があり、い
ざというとき換金もできるため。

中国やエジプトなど多くの国が、縁起のよい品、富のシンボルなど、金
に対して伝統的に良いイメージを持っていることもあるでしょう。金は
「所有することで人の気分を良くする力」が強いのです。

さらに、金には健康面での長所もあります。金は安定性が高く、反応性
が低いので、金属アレルギーを起こしにくい物質なのです。そのことが
医療分野で活用されています。

意外なところでは、フルートなど、管楽器に金が活用されています。通
常、楽器の材料として使われている銀よりも、金を使ったほうが、音の
響きが豊かになるのだそうです。

関連記事

ページ上部へ戻る