オリンピック開催で銅が急騰する!?その理由とは

普段は気がつきにくいのですが、銅は身の回りにたくさんあります。

もっとも身近な銅といえば、十円硬貨でしょう。銅とスズの合金である
青銅製ですが、錫の割合は少なく、純銅に近いもの。最も多い銅の用途
は電線。工業という面で考えると鉄に次ぐと言われるほど、重要な金属。

2007年ごろ、銅線の窃盗事件が頻発したことがあります。全国の建
設工事現場から、銅製の電線などが盗まれる被害が続出し、総被害額は
20億円にものぼりました。

銅線と聞くと、ホームセンターで安く買える品をイメージしがちですが、
その時期はちょうど、北京五輪の直前でした。オリンピックを控えた中
国が建設ラッシュとなり、銅の需要が急増。当然、銅の価格が急騰。

その銅急騰の影響で、日本で工事関係の銅線をリサイクル業者に持ち込
むと、かなりの高値で引き取ってもらえたのです。そのことが、銅線の
窃盗事件の多発につながったのです。

今、個人で銅に投資したいと思うのでしたら、証券会社で扱っている、
「銅ETF」を利用するのが便利でしょう。ただ、東証に上場されては
いますが、出来高は少なく、値動きも小さいものです。

先物取引もありますが、こちらは保管場所や、自主販売ルートが必要だ
ったり、初心者が取り組むにはかなりの勉強が必要でしょう。

ページ上部へ戻る