株同様に売買できる金ETFとは

金価格上昇のメリットをそのまま享受できることで、注目を集めている
商品が金ETF。ETFとは、1990年代にアメリカで開発されたも
ので、日本で上場されたのは2007年で、比較的新しい商品です。

投資信託を証券取引所で売買できる商品にしたもので、株のように、誰
でも売買することが出来ます。

金ETFには、

「金の現物が裏づけとなっている金ETF」
「金価格に連動する債権が裏づけとなっている金ETF」

この二種類があります。

「金の現物が裏づけとなっている金ETF」では、投資家から預かった
資金は全額、金の地金購入に充てられ、そのほかの運用はされません。
預かったお金の金額に応じて地金を保管し、その実物在庫に対しての有
価証券が発行されます。それが証券取引所に上場され、株のように売買
されます。また、金現物と交換できることもあります。

「金価格に連動する債権が裏づけとなっている金ETF」は、金の現物
そのものに投資をするわけではなく、金価格に連動する債権に対して投
資をすることになります。また、毎年、信託報酬という手数料がかかり
ますので、長期保有する際には注意が必要です。

どちらの金ETFでも、証券会社を通じて、証券取引所に売買注文を出
します。株と同様、買い注文が多ければ価格は下落します。流動性や換
金性の高い商品だと言えるでしょう。

プラチナにも、金と同様にETFがあります。

関連記事

ページ上部へ戻る