金ETFとは具体的にどんな仕組みなの?

個人が金に投資したい場合も、金ETFは利用できます。金ETFとは
「エクスチェンジ・トレード・ファンド」の略称で、証券取引所で売買
できる投資信託を表しています。投資信託は、不特定多数の人から資金
を集め、それを投資し、利益が出たら出資者で分配する投資法です。金
ETFは、金価格と同様に変動することを目指して運用されています。

早い話が、金ETFを購入すれば、金の価格が上昇すると金ETFの価
格も上昇し、金の価格が下落すれば、同様に金ETFも下落するので、
金を購入して保管しているのと同じになるのです。

実際、金ETFは実物の金を裏付けにしますので、集めた資金で金の延
べ棒を購入しています。購入した金の延べ棒は、カストディアンと呼ば
れる保管会社で保管します。金ETFの購入者が、金の保有権を所有し
ていると考えれば良いでしょう。保管された金に有価証券が発行され、
証券取引所に上場されます。これによって株式同様、売買が可能となる
のです。

金の延べ棒を日本で購入する場合、その価格は、ロコ・ロンドン・スポ
ット価格に様々な手数料が加算された金額になります。また地金型金貨
には鋳造費用が加算され、純金積立にも手数料や年会費が加算されてき
ます。

個人が金に投資する場合、前述したように様々な名目で費用がかかるの
が通常ですが、金ETFは他のモノと比較して、手数料が安いのが特徴
です。運用の手数料として差し引かれる信託報酬は年0.4%程度であ
り、安価な手数料で長期間保有する方には向いていると思います。売買
は証券会社を通して行います。

日本で購入できる金ETFは、基本的な仕組みはほぼ同じですが、細部
で差別化しています。例えば「SPDRゴールドシェア」は、ロコ・ロ
ンドン市場の指標価格に連動している、世界最大の金ETFです。一方
「純金ETF(金の果実)」は東京証券取引所の先物価格に連動します。

またこのETFは、日本国内に金を保管していますので、条件を満たせ
ば金の延べ棒にして引きだすことができます。ちなみに普通の金ETF
では、金の引き出しはできません。

各社の金ETFは、1口数千円から1万円程度で売買されています。金
の延べ棒や金貨より少額で金投資ができるのです。

金ETFを選ぶ場合、実物の金の裏付けがあり、売買の活発な商品を選
びましょう。金ETFの中には、実物の金の裏付けがなく、先物や債券
の価格に連動する商品もあるので注意しましょう。

投資信託の中で、金の実物の裏付けがなく、金価格に連動するように設
計された商品を、金ETN(エクスチェンジ・トレード・ノート)と呼
びます。価格の変動は金ETFと同様ですが、リスクは証券を発行した
発行体次第です。

早い話が、発行体が破たんすると、顧客がリスクを被るのです。純金積
立における消費寄託保管と同じと考えればイメージしやすいと思います。
資産の保全を第一に考えるなら、金ETNは避け、金ETFを選択すべ
きでしょう。まあ、発行体の信用力や手数料次第では選択に含めるのも
やぶさかではありませんが・・・。

最後に、金ETFは金融商品ですので、利益が出た場合は10%の税金
がかかります。

関連記事

ページ上部へ戻る