金ETFとはどんな金の投資法なの?

金ETFという金融商品は、画期的な金投資法です。この商品が出るま
で金に手を出すことができなかった投資家は多かったはず。年金運用を
業務とする機関投資家ならば、ペーパー資産で運用するのが通常であり、
様々な手間がかかる金の運用は敷居が高かったはずです。

そこに目をつけた人物がいました。名前はジェームス・バートン、カル
パースというアメリカ最大規模の公的年金基金のトップだっだ人物。彼
は金を調査研究する機関に移籍し、そこで機関投資家の視点から商品を
開発しました。それが金ETFなのです。彼は金の上場投資信託=金E
TFに世界を変えてしまったのです。

投資信託であれば、機関投資家は馴染みの投資法ですから、問題はあり
ません。金の保管に頭を悩ませることもなく、ただの投資信託として売
買できます。これは売り手側、買い手側、双方にとってまさにコロンブ
スの卵でした。

金ETFの場合、金ETFが購入されたら、運用する側は購入されただ
け市場から金を調達して、それを保管します。ただ単に金を買っている
のと、外見は何ら変わりはありません。その証拠に、金ETFは急激に
残高を増加させていきました。2003年に初めて登場したのですが、
2012年には残高が2700トンにまで増加したのです。

現在のところ、世界最大の金ETFは、ニューヨーク証券取引所に上場
しているスパイダーゴールドシェアです。それ以外にもロンドンなどで
は地元証券会社が運用する金ETFがシェアを拡大しております。金E
TFおよびその類似商品は世界各地でどんどん上場しているのが現状。

投資家によって金ETFが購入されると、その分だけ金市場にも影響が
あります。金価格は一時1900ドルをつけましたが、これは金ETF
の影響がかなりあったと言われています。個人的感覚から言えば、50
0ドル分ぐらいは金ETFの影響だと思います。

金ETFの残高は現在およそ2700トンで、その量は世界の中央銀行
の中で4番目に多くの金を保有しているイタリア(約2451.8トン)
を超えているのです。いわば中央銀行が2000年代に新しく作られた
ようなものなのです。

10年間ずっと残高を増加させてきた金ETFですが、2013年に入
って残高が減少に転じました。世界的な金融緩和政策の結果、景気が少
しづつ上向きになってきて、リスク回避として金ETFに流入していた
資金が、株式等に回帰したのです。ただ年金運用をしている機関投資家
などがすぐに金ETFから手を引くとは考えにくく、ポートフォーリオ
として一定程度は金ETFに資金を残しておくと考えられます。

関連記事

ページ上部へ戻る