ゴールドラッシュで出来上がったチャイナタウン

当時はまだ、新大陸であったアメリカにヨーロッパから沢山の入植者が
やってきた19世紀、カリフォルニアで砂金が発見されました。

このニュースは瞬く間に広まり、金を採掘して一攫千金を狙おうと考え
た人たちは、続々と現地に移住します。これが、いわゆる「ゴールドラ
ッシュ」とよばれています。金の価値が移住して採掘する程高く、貴重
で、良く知られていた存在だということがわかります。

ゴールドラッシュの影響を受け、移住民が増えた結果、カリフォルニア
の人口は急増し、西部の開拓が急進展。また、有名なサンフランシスコ
のチャイナタウンも、この時の中国(清)の広東省から多くの労働者が
アメリカにやってきたのが始まりなのです。チャイナタウンなどの発展
は金なくしてあり得なかったと言えるのかもしれません。

ゴールドラッシュのカリフォルニアに金を採りにきた日本人はいるので
しょうか。それは、土佐出身の漂流民であるジョン万次郎が唯一の日本
人だったと言われています。

彼が帰国できたのは、砂金採りで資金を稼いだ為という事ですから、ゴ
ールドラッシュは日本の歴史にも影響を与えたと言えるかもしれません。
砂金採りがなければ帰国はおろか生活すらと言う考えもできます。金で
人生がガラリと変わるという時代だったのでしょう。

関連記事

ページ上部へ戻る