金の発見で後押しされた大航海時代

金は化学を発展させただけではありません。国同士の交易を発展させる
とともに、未知の国への好奇心をかきたてたのです。

マルコ・ポーロが「東方見聞録」で「黄金の国ジパング」を紹介した文
章のなかに、こんな記述があります。「中国のさらに東のはずれにある
小さな島国ジパングは、建物も、山も、川も、何もかもが黄金で出来て
いる」この文章を信じ、多くの冒険家が黄金の国ジパングを目指して、
東へと旅立っていったのでしょう。

多くの冒険家が必死になって探したにも関わらず、ジパングは見つかり
ませんでした。しかし、その過程で原住民が持っている豊富な金を見つ
ける事ができたのです。欲望に駆られて動く人は少なくはありませんで
した。人は誰しも、一度欲しくなったらどんどん欲しくなる一方。欲望
が果てることはありません。

こうした欲望が大航海時代を後押ししていったという事は、言うまでも
ないでしょう。そして、ついにスペインは南米のインカやアステカを征
服し、原住民から豊富な金を奪い取っていったのです。

作れないなら奪い取ろうと考えたのでしょうか。好奇心を駆り立てて、
大航海時代を作った金はもしかしたら、わざわいにも福にも転ずる大き
な要素だったのでしょうか。疑問は色々つきませんが、今となってはこ
れといった証明が出来ないのが残念なところです。

関連記事

ページ上部へ戻る