三貨制度の制定とお代官様の金貨の選定

貨幣が安定して流通を始めたのは江戸時代の事です。徳川幕府は貨幣の
発行権の独占と貨幣の様式の統一を図り、金・銀・銭(銅)の3種から
なる「三貨制度」を制定します。それぞれの貨幣の鋳造は、幕府が定め
た金座と銀座、および銭座で行うようになったのです。ちなみに、金座
の場所は、現在の日本銀行本店の所在地だそうです。

銀座は全国にいくつか作られましたが、そのうちの一つ、江戸の銀座は
現在の京橋のあたりに開かれたのです。現在も都内屈指の繁華街として
地名が残っています。

一方の銭座ですが、金や銀以外の金属貨幣の鋳造は地方でも許されてい
たため、全国の藩が独自に銭座を開き、多くの銭貨を鋳造したと言われ
ています。

ところで、大判や小判と聞いて何を連想するでしょうか。悪代官が「山
吹色のお菓子」と称して、風呂敷に包まれた賄賂用の大判や小判をやり
取りするのを見たことがないでしょうか。そのせいか、現代の私たちで
も大判小判というと悪代官をイメージしてしまいます。

この悪代官が行っている金を噛む動作は、実はれっきとした「鑑定方法」
金はやわらかい金属なので、噛んで揺らすとしなりを感じる事ができる
ため、悪代官は金を噛んでその真贋を確認していたようです。決してテ
レビ上の演出ではなく、理にかなった行動でもあるのです。

ちなみに、固いと純度が低く、表面がはがれるとメッキと言う事になり
ます。

関連記事

ページ上部へ戻る