世界最古の鋳造貨幣、エレクトロンとは?

世界最古とされている鋳造貨幣は「エレクトロン貨」といわれ、金と銀
との合金でできた金貨でした。紀元前670年頃のメソポタミア時代に、
現在のトルコで栄えていたリディア王国で使われていたものです。

エレクトロン貨はバクトロス川から産出した砂金で作られ、リディア王
の紋章であるライオンの頭部が打刻されていました。

バクトロス川の砂金は、天然の「金銀合金」でした。金は30パーセン
トから50パーセントだったようです。砂金や山金として発見される自
然金は、純度の高い単体金属の場合もありますが、多くは金と銀などの
合金。

「エレクトロン」とは、ギリシア語で「琥珀」という意味。天然の金銀
合金の淡黄色の輝きが、エレクトロン琥珀に似ていたからだそう。ちな
みに、江戸時代の日本の金貨も、このエレクトロンでした。

世界最古の金貨がいつどこで発行されたかには異説もあり、紀元前11
世紀の中国で金貨が発行されており、リディアよりそちらが先であると
いう説もあるそうです。

現在では、金銀合金は南北アメリカ、ニュージーランド、ハンガリーな
どで産出しています。金と銀の比率は5対1くらいが多いそうで、この
金銀合金を電気炉で溶解すると、簡単に銀が溶け落ちていくので、より
純度の高い金を得ることができます。

関連記事

ページ上部へ戻る