400年前まで金は経済の主役になれなかった・・・、その理由とは?

世界最古の金貨とみられるのは、紀元前6~7世紀ごろのエレクトロン
貨。それより早い時代に、中国に金貨があったとする説もあります。

古代ギリシアやローマでも、金貨がつくられたことがあります。皇帝の
肖像や、古代の神話の神々が刻印されるなど、多種多様なデザイン、技
巧をこらした金貨がいまも残っています。

ただし、それらの金貨は功労者への褒美や、贈答品でした。古代、通貨
として用いられ、経済の主役となっていたのは、もっぱら銀や銅でした。

古代から中世までは、経済は銀本位制でした。古代において、取引や商
売を行う人たちは銀貨や銅貨を使い、金貨を使うことはなかったのです。

紀元前6世紀にギリシアでつくられた「アイギナ銀貨」は、高品質で評
判がよく、地中海沿岸の国際通貨として用いられていました。

金貨はあることはありましたが、ふだんの買い物やの取引に使われるこ
とはありませんでした。金はごく少量でも価値が高く、金額としてあま
りに大きいことから、日常的な買い物や、小口の取引には向いていなか
ったのです。かといって、普段の買い物にも使えるほど小粒の金貨を作
ったのでは不便です。

17世紀前半にメキシコやペルーの銀山で銀が見つかり、ヨーロッパヘ
大量に流入し、銀の価値が下がりました。そこでやっと、金が経済の中
心となりはじめたのです。

人間が金を発見したのは7000~8000年前ですが、金が経済の主
役になったのは、ほんの4世紀前ほどのことなのです。

関連記事

ページ上部へ戻る