「有事の金」が史上最低の底値を記録したその理由は

1990年代に、東西冷戦が終結し、中東や東欧諸国で紛争や戦争が多
発しました。1980年代後半から、すでに東欧で社会主義体制の崩壊
が続いていました。その流れで1991年にソ連が解体。

これによって東西冷戦は終結しましたが、次に東欧では民族の自立をめ
ぐって各地で紛争が多発するようになりました。

また、これとは別に、1991年に多国籍軍が組織されました。イラク
のクウェート侵攻に対する制裁的な戦争が始まったためです。いわゆる
「湾岸戦争」。

1997年に、アジアで通貨危機も起きました。

ところが、金相場はこれらの事件にほとんど反応しませんでした。多少
の変動はありましたが、どれも短期的なものでした。1990年代の
「有事の金」の相場は、むしろ、一貫して下げ傾向となったのです。

この年代はソビエトが崩壊し、つまりアメリカが世界唯一の超大国とな
ったばかりの時期。それに、IT産業の活性化が始まったころ。世界の
ITの主導権を握っているのはアメリカですから、当然そのことは多大
な利益をもたらします。アメリカ経済は絶好調となりました。

金相場の反応が鈍かったのは、このアメリカ経済の好調が原因であると
推定できます。その結果、金価格は1999年7月に「1トロイオンス
252ドル」という史上最低の底値をつけたのです。

関連記事

ページ上部へ戻る