日本は金の密輸入が盛んだった理由とは?

敗戦後の日本では、金の密輸入が盛んにおこなわれていました。当時は、
国内の金山を保護するため、金の輸入が全面的に禁止されていたため。

第2次世界大戦後、金の値段が世界的に下落しました。そのままでは、
日本の金山で金を生産しても、販売価格より生産価格のほうが高くつい
てしまい、閉山に追い込まれる可能性も出てきます。そこで日本政府は、
国内鉱山を保護するため、また国内の金価格を高値で維持するため、外
国からの金の輸入を禁じたのです。

当時の国内の金需要は高まるばかりで、日本の金山からとれる量では間
に合っていませんでした。輸入した金のほうが安いとなれば、法律を犯
してでも欲しいと思う人は必ず出てきます。安く金を買えるだけでなく、
それを元手にして、さらに儲けることも可能です。ですから、その時期
に、日本への金の密輸が盛んになったのです。

金の密輸業者は、運び屋に、ポケットのたくさんついたジャケットやチ
ョッキを着せ、そのポケットに金塊を入れて持ち込ませていました。体
の大きい男性なら、数十キログラムの金をまとって入国することもでき
ました。40キログラムの金をチョッキに忍ばせていた男性が空港で捕
まったこともあります。

当時は金属探知機が発達していなかったので、そういう手段で密輸品を
持ち込むことが可能だったようです。

関連記事

ページ上部へ戻る