世界が「金本位制」に移行するまでの歴史

モノを売ったり買ったりする商売そのものは、古代からおこなわれてい
たことでした。ですが、取引の際の最大の制約は、信頼できる「貨幣」
がないということでした。

お札そのものは紙切れです。

それが国同士の貿易の話となればなおさらで、昔の人にとって、外国の
お金など、まったく信用できない紙切れにすぎなかったのです。

今、私たちが千円札を見たときに、そこに「1000円分の価値」を認
めているのは、国の保証があり、信頼できる共通の価値があるからこそ。

お札は商売に使うには制約が多いため、国際的に信用できる貨幣として、
金が用いられるようになりました。

ですが、金はわずかしかとれないし、そのため価値が高すぎて、小口
のやりとりには向きません。そこで長い間、通貨には銀貨・銅貨が用い
られてきました。

しかし、19世紀の半ば、銀と金の状況に変化が起きました。ロシアの
ウラル山脈で金の鉱山が発見されて産金が活発になりました。カリフォ
ルニア・ゴールドラッシュが起きたり、オーストラリアでも砂金鉱床が
発見されて、そこでもゴールドラッシュが起きました。

そこで各国政府は「金本位制」に移行し、貨幣に「金による裏付け」を
与えるようになりました。世界各地のゴールドラッシュによって、貨幣
は国際的に信用される存在となったのです。

関連記事

ページ上部へ戻る