東西冷戦の終わりと、金価格の関係は

1989年に、それまで東西ドイツを隔てていた「ベルリンの壁」が崩
壊します。1991年にはソビエト連邦の崩壊が起こり、ソビエトに属
していたたくさんの小さな国が、それぞれに独立していきました。東西
冷戦の片方のソビエトが、解散してしまった形です。東西冷戦は終結し
ました。

その後、金の評価は一変。その時期の金価格は、金の増産による供給過
剰で低迷していました。そこへ、東西冷戦の終結です。第三次世界大戦
への不安を抱えていた世の中から、その不安感がなくなった結果、「有
事の金」は、時代遅れの考えだとされていったのです。

以前は紛争やテロがあるたびに、トップニュースでなくても金価格はす
ぐに反応し、価格が上昇しましたが、そういうことも減りました。イラ
クのクウェート侵攻や、湾岸戦争のときにも大きな反応はなく、金価格
は下落し続け、1997年7月、252ドルという安値を記録しました。

金が安くなってしまうと、困るのは各国の中央銀行です。保有している
金の量が莫大なだけに、価格の下落の影響も大きいからです。それに対
する対策として、欧州中央銀行は「ワシントン協定」を結びました。金
の売却の総量規制をするもので、これによって、金の価格は大底を打ち
ました。その後は現在まで、金価格は上昇を続けます。

上昇をより加速したのは、2001年9月に起きたアメリカ同時多発テ
ロでした。ドルも原油も急落し、「有事の金」が急騰したのです。

関連記事

ページ上部へ戻る