なぜ「黄金の国ジパング」と日本は呼ばれたのでしょうか?

日本における金の利用は、弥生時代に始まったようです。エジプトのよ
うな大規模収集は行われないで、遺跡にわずかな利用跡が残っている程
度です。

次の古墳時代には、金の利用が大規模になってきました。この時代では
金メッキを使った刀剣類や馬具が見つかっています。ただ、金の採集量
が少なかったのか、純金製の製造物はあまり見つかっておりません。

「日本書紀」に、日本の文献最古の金の記述があります。そこからは西
暦600~700年ごろになってようやく、国が金の資源としての価値
に気付いたのがわかります。700年半ばに、大仏に使用する金箔のた
め、大量の金が必要になり、陸奥国から大量の金が産出されたことに感
激して、聖武天皇が改元した話が記載してあります。またこの頃から、
渡来人経由で金の生産技術を学び、金の本格的生産を始めたのがわかり
ます。

平安時代になると「今昔物語」の中に、佐渡へ金を掘りに行く話を見る
ことができますし、奥州藤原氏が、平泉に中尊寺金色堂を建立しました。
平安時代の奥州は金の一大生産地となっており、マルコ・ポーロが日本
のことを「黄金の国ジパング」と記述したのも、あながち間違いではあ
りませんでした。

室町時代には、京の北山に、通称金閣寺と呼ばれる鹿苑寺が建立され、
戦国時代に入ると、戦国大名達は、軍資金とするため鉱山開発を活発
に行いました。この当時開発された鉱山は、佐渡以外にも、石見の大
森、但馬の生野、三河の鳴子、越中松倉、駿河の海ヶ島と富士、伊豆
の土肥、甲斐黒川、摂津の多田、能登宝達、飛騨茂住、出羽の院内や
阿仁や荒川、奥州の白根などがあります。

甲斐の武田信玄が強力な騎馬軍団を編成できたのは、彼の領国である甲
斐と信濃が、有力な金の生産地だったからです。山梨県には彼が開発し
た金山跡がたくさん残っています。信玄はまた、日本で最初の金貨幣を
造ったと言われています。

そしてその武田氏を滅ぼし、その金を一手に握ったのは、織田信長。彼
は居城である安土城に大量の金を使用し、その金箔瓦は、遠方からでも
輝いていたと文献に記されています。信長の死後、天下統一を果たした
豊臣秀吉は、信玄、信長以上に金に執着し、金の茶室や天正大判を作っ
たりして、絢爛豪華な安土桃山文化を作り出しました。

江戸時代に入ると、徳川家は佐渡、串木野、土肥といった金の生産地を
根こそぎ幕府領にして、幕府の財政を支えました。特に佐渡の金は、海
外へも輸出され、ヨーロッパの銀貨に大きな影響を与えたそうです。

産出技術は、戦国時代にポルトガル人宣教師から伝えられ、製錬に水銀
を使用するアマルガム法まで伝えられたようです。しかし金の産出量は、
右肩下がりに減少していくことになります。五代将軍綱吉の治世になる
と、金の含有量が少なくするよう小判を改鋳して、流通量を増加させた
結果、インフレ状態になり、物価が上昇して庶民の生活を圧迫するよう
になりました。

明治維新後、新政府は財政安定のため、積極的な金山開発を推し進めま
すが、残念ながら日本国内の金はほぼ掘り尽くしていました。現在日本
国内で金が取れるのは、鹿児島の菱刈鉱山のみとなっています。

現在日本の金鉱山生産量は年8トンあまりで、前述した菱刈鉱山から採
堀しています。しかし現在の金生産量の多くは金鉱山からではなく、銅
鉱石の副産物として出てくる物に支えられています。三菱マテリアルや
住友金属鉱山といった製錬会社は、銅鉱石に含まれる金から、金の延べ
棒を生産しているのです。

関連記事

ページ上部へ戻る