金の大転換点となる出来事は何ですか?

1978年8月のニクソン・ショックが金と経済の最大の転換点だった
と言えるのではないのでしょうか。このニクソンショックは2つの出来
事から成っています。ひとつは米中が国交を結んだこと、もうひとつは、
金とドルの交換停止を発表したことです。

もともと金本位制を1816年に始めたのはイギリスであり、その後各
国が追従したことから、20世紀初頭には国際的な金本位体制が完成し
ました。国同士の貿易には、外国為替取引が必要ですが、金本位制は、
金を媒介にして各国の通貨の交換レートが決まる固定相場の仕組みです。
ところが世界大戦が勃発し、各国の関係や経済規模が変動すると、各国
は管理通貨制度に移行し、金本位制は、実質的な機能を停止。そして2
度目の大戦が起こり、その後、安定した為替取引を行う目的で、ブレト
ンウッズで1944年会合が行われたのです。

翌年IMFが成立し、国際的な価値を持つ金と、大戦により世界の基軸
通貨となったドルを決済手段とする「金ドル本位制」も成立しました。
これによりアメリカは、35ドルで1トロイオンスの金を得られるよう
になり、同時に各国の通貨とドルの交換レートも決められました。これ
を一般にブレトン・ウッズ体制(固定相場制)と呼びます。

このブレトン・ウッズ体制を壊したのがニクソン・ショックでした。1
960年代以降、アメリカはベトナム戦争によりその財政を急激に悪化
させてしまいました。それを見た各国はドルへの信用を喪失し、大量の
ドルを金と交換したのです。金の総量が3万トンだった当時、アメリカ
は2万トンの金を保有していましたが、ニクソンが金とドルの交換停止
を発表した時点で、その量は8134トンにまで減少していたのです。

法律で保有する金以上の紙幣を造幣していけないとなっていたのですが、
金の急激の減少でドルの発行バランスが崩れ、ついに金とドルの交換保
証ができなくなったのでした。

ニクソン・ショックにより、ドルとの連動が解かれたことで、金の価格
は需要と供給で決まるようになりました。またドルと各国通貨との交換
レートも一時期「スミソニアン体制」を急いで作り、固定相場制維持に
動きましたが、結局崩壊しました。その結果、1973年から変動相場
制に移行し、現在、各国の経済力や需要と供給により為替レートが決ま
るようになっています。

需要と供給が価格の決定に寄与するようになった金は、世界経済の動向
に大きく影響を受けるようになりました。戦争や景気で価格が変動し、
2000年以降は経済に対する先行き不透明感から価格が上昇を続けて
います。

最近の金相場は各国の金融緩和により上昇している面があります。金融
緩和により、各国の中央銀行は紙幣をどんどん造幣し、実質金利はマイ
ナス、設備投資や消費に回るはずだった資金が金に流入を続け、その結
果、金の価格は上昇しています。また現在のような過剰過ぎる流動性は
インフレを呼び込む恐れがあり、さらなる金への資金流入を呼ぶことに
なりそうです。

関連記事

ページ上部へ戻る