歯医者さんは、さまざまな貴金属を使って治療をしています

「金歯」「銀歯」は文字通り、金や銀を利用して作られた義歯です。歯
科医療、つまり「歯医者さん」は、金や銀、パラジウムなど、さまざま
な貴金属を使っています。金や銀、そして白金族は、口のなかで唾液が
電解質となって微電流が流れても溶けることがないからです。

たとえば、虫歯で空いた小さな穴には、銀と水銀が主成分の合金や、金
箔を丸めたものが詰められます。ブリッジやクラウンは、白金族のパラ
ジウムや銀に、銅、錫、金などを加えた金銀パラジウム合金が使われて
います。

歯科以外の医療でも、白金族は活躍が期待されています。

たとえば近年、白金化合物が抗がん剤として期待を集めています。アメ
リカのミシガン州立大学のバーネット・ローゼンバーグ教授が、大腸菌
の培養実験中に、直流電流を通じると、大腸菌の細胞分裂が抑制される
ことを発見しました。

このことが電流の影響ではなく、白金電極から流れ出した白金イオンの
作用であることも同時に発見されました。白金イオンが培養液の成分と
反応し、新たにできた白金化合物により細胞分裂が抑えられていたので
す。

そこで、同教授らのグループは、細胞分裂を抑える効果があるものは、
がん細胞の分裂も抑える効果もあるのではないかと考え、研究を重ねま
した。その結果、動物実験で抗がん作用が認められたため、白金化合物
は「シスプラチン」と名づけられました。

「シスプラチン」は、がん細胞のDNA複製を妨げて、がん細胞を死滅
させるのではないかと期待されています。

関連記事

ページ上部へ戻る