金線はどこまで延ばせるか。金箔はどこまで薄くできるか。

1グラムの金を針金のように伸ばすと、約3000メートルの金の糸、
「金線」を作ることが出来ます。また、金を叩いて薄く延ばしていけば、
厚さ0.0001ミリの金箔を作れます。このように、金は金属のなか
でも、もっとも延展性に富んでいる金属なのです。

金箔づくりは、紀元前1200年頃、エジプトではじまったと考えられ
ています。日本でも、古墳時代のアクセサリーに、金箔がほどこされた
ものがあります。

日本の金箔の99パーセントは、石川県金沢市で生産されています。金
箔の製造は「澄屋(ずみや)」と「箔屋」とで行います。

まず「澄屋」で、金と微量の銀、銅をるつぼに入れ、1300℃に熱し
て合金をつくります。これを機械で厚さ0.01ミリまで延ばし、6セ
ンチ角に切ります。その「延金」をさらに機械で0.001ミリまで延
ばし、20センチ角に切断したものが「上澄」です。

ここからの仕事は「箔屋」です。「上澄」を12枚ほどの小片に切り、
箔打ち用の紙にはさんで、機械で打ち延ばし、0.0001ミリまで延
ばしていくのです。

金箔は装飾用のほかに食用もあり、日本酒やお吸い物などに使われます。
金箔入りチョコレートなど、お菓子にも使われています。金は安定性が
高いので、飲み込んでも無害と言われています。

関連記事

ページ上部へ戻る