なぜ金はこれほどまでに工業製品に使用されるのか?

金には物質としての特性がいくつかあります。最初は安定性です。科学
的に金はたいへん安定しています。水中はもちろん空気中であっても酸
化しません。つまり酸化によって錆びる恐れがないので、金はその輝き
をいつまでも保つことができるのです。

ツタンカーメンの黄金のマスクが今でもその輝きを失っていないのは、
これが理由です。他の金属製ならばとっくの昔に朽ち果ててたはずです。

また展延性も金の特性の一つと言えます。金1グラムはなんと3000
メートルの長さまで引き延ばすことができるのです。金は軟らかいため、
そこまで引き延ばすことが容易なのです。金箔などはその特性を生かし
たすばらしい製品だと言えます。

ちなみに金の比重は19.3であり、水のおよそ20倍の重さがありま
す。また融点が1064度と、銅の1084.5度や、鉄の1535度
と比べてかなり低く、これも加工しやすい理由です。

金の工業製品の中で一番ポピュラーなのは金線と金メッキ溶液(シアン
化金カリウム)です。金線は安定性と展延性、そして通電性を生かした
製品です。金の電気抵抗は2.4と、銀の1.6に次いで低く、通電性
が高いです。その特性を生かしてゴールド・ボンディング・ワイヤー等
にしてCPUや電子部品の一部として使用されます。古いパソコンや携
帯電話が都市鉱山として脚光を浴びていますが、この金線が源泉なので
す。

しかし現在では金の価格高騰や、加工自術の進歩などで、金に固執する
必要は低くなり、銅などが代替品として用いられています。また付加価
値が低く、製造が比較的容易なので、新興国との競争が激化し、利幅が
かなり小さくなり、日本の勢いは無くなっております。

金メッキ溶液は、導電性と腐食に強い耐性を生かし、電子部品の伝導体
やコネクタに金メッキとして使用されています。全体的な使用量は少な
いのですが、可視光や非可視光をよく反射する金の特性を生かして、人
工衛星の保護剤として用いられたり、宇宙飛行士のヘルメットに付着さ
せて紫外線を防ぐのに用いられています。

また金はパラジウムとの合金で、金歯に使用されています。これは金の
安定性と加工しやすさという特性を生かした利用法と言えるでしょう。
日本における金歯の需要は極めて高く、年間23トンあまりで、世界一
です。金歯に関するニーズは、金歯が健康保険の対象になっているか否
かで変わってくるようです。

さて、工業製品や金歯は金の加工需要のうち30%弱しかありません。
少ないと思われるかもしれませんが、これが実情なのです。金は工業製
品においても重要なモノのひとつですが、その特性を生かした用途はそ
れ程大きくは無いのです。加工需要の残り70%は装飾品として、金の
そのままの状態で使用されます。金の装飾品は、所持する事に価値があ
りますので、金の価値は実用的ではないところに重点があることがわか
ります。

2011年の金の供給量のうち、約455トンは中央銀行が購入する金
の延べ棒に加工されます。この金の延べ棒はラージバーと呼ばれ、1本
に12キログラムの金が使用されます。前述したように金の延べ棒はほ
とんどが99%以上の純金または純金に近いモノで作られています。こ
のように金のそのままの形で蓄えられているのが金の特徴と言えます。

金そのものの価格の高さも要因のひとつですが、金の価値は工業製品の
材料としての価値よりも、価値保存の価値の方がさらに高いのです。

関連記事

ページ上部へ戻る