金の都市鉱山とはどういうもの?

工業製品等に使用された金属を、都市に眠る資源とみなして出来た言葉
が、都市鉱山です。またそこから積極的に資源の回収にチャレンジする
ことを指す場合もあります。これは1988年に、東北大学選鉱製錬研
究所教授の南条道夫氏らが提唱したのが始まりです。

そしてその後、物質・材料研究機構の原田幸明氏によって都市鉱山に埋
蔵された資源の規模が明らかになりました。2008年に公表された研
究結果によると、日本の都市鉱山だけで埋蔵量は6800トン。現在世
界で最も金を保有しているアメリカの中央銀行の金の量が8300トン
ですので、それに匹敵する量が日本に眠っているのです。日本にある都
市鉱山の金の埋蔵量は、世界最大級なのです。

電子機器の部品であるIC回路には、金メッキ溶液や金線が使用されて
います。金価格の高騰から、代替品の研究もされているようですが、金
自体の信頼性から、まだまだ使われているのが現状です。IC回路を組
み込んだ携帯電話やパソコンは毎年新製品が出て、その分古い物は処分
されますので、その古い物から金を効率よく回収できればエコにも繋が
ります。つい最近までは、金を回収するのが困難だったため、ゴミとし
て処分されてきましたが、現在では技術が確立し、リサイクルの対象に
なっています。古い製品ほど、金の使用量が多いですから、古い物ほど
価値があると言えるかもしれません。

1トンの鉱石から取り出せる金の量は、およそ0,3~0,5グラムに
すぎません。工業製品では通常、製錬された金が使用されていますので、
含有率は都市鉱山の方がよく、効率が良いのです。また金の不変性から、
灰の中からでも回収が可能なのです。

都市鉱山には、金以外にも、銀、銅、鉛、インジウムなどが豊富に蓄積
されていて、世界的に見ても、日本の都市鉱山は宝の山なのです。デー
タでは、世界で必要とされる2、3年分の金属や貴金属が日本の都市鉱
山には眠っているそうなので、とんでもない量があることになります。

都市鉱山からどれだけの資源を回収できるのかは、定かではありません。
しかし、技術革新を進め、回収できる量を増やしていくことが重要なの
は変わりありません。

現在、写真ラボの廃液を回収して、そこから溶けている銀を再生するこ
とを始めた企業があります。デジカメが主流になってきているので、銀
塩フィルムの需要は減少していますが、デジカメ本体には、スクラップ
1トン当たり500グラムの銀を含有していますし、金も150グラム
含有しているそうです。この数字を見れば、鉱山から生産するより効率
が良いことが一目瞭然です。

また秋田の小坂精錬所は、鉱石を選鉱・製錬する過程で不純物を取り除
く技術を生かして、電気製品のスクラップから金属を回収する精錬所に
生まれ変わっています。

世界規模で見ると、現在金の供給のおよそ4割はスクラップ品が占めて
います。2011年の金鉱山からの供給が2818トンであったのに対
し、スクラップからのそれは1661トンにおよびました。装飾品スク
ラップが多いと予想されますが、工業品スクラップも少なくないはずで
す。

不変性から、一度掘り出された金は、半永久的に地上に存在することに
なります。ですのでスクラップ品からの回収は、さらに進むことでしょ
う。都市鉱山からの回収が続く限り、金に限れば、枯渇の心配はする必
要ありません。

関連記事

ページ上部へ戻る