どんな投資商品が金にはあるの?

金の塊である金の延べ棒は、金投資の代表格です。金地金、ゴールドバ
ーとも呼称されます。色、重さ、表面の刻印などその存在感は圧巻の一
言です。ただし値段も圧巻で、1キログラムの金の延べ棒を購入する場
合、2013年3月時点で500万円ほどになります。

金の延べ棒は、様々な大きさがあり、5グラムぐらいのモノから購入で
きます。しかし小さいとそれだけ加工に手間がかかり、パーチャージと
呼ばれる手数料が余計にかかるため割高になります。500グラム以上
の金の延べ棒には、パーチャージがかかりませんので、金の延べ棒はあ
る程度資金を用意できる方に向いているのではないでしょうか。

ただ昨今は、金自体の価格上昇や相続税・贈与税対策、支払調書の義務
付けなどで、100グラムの延べ棒の取引が盛んになっています。グラ
ム5000円とすると、1本50万円で購入できる計算です。キロ単位
での購入は困難ですが、100グラムなら購入できるという投資家は案
外多いようです。パーチャージを取られたとしても、長期的に見れば売
買を分散できるというメリットがあるので、十分価値があるのではない
でしょうか。

地金型金貨は金投資として使用できます。別名プリオン金貨とも呼ばれ
ています。金の延べ棒と同じく純度99,99%の純金製で、発行元の
国が純度や重さを保証してくれます。流通量も少なくなく、安心して購
入できる金製品と言えます。

大きさは1トロイオンス、2分の1トロイオンス、4分の1トロイオン
ス、10分の1トロイオンスの4種類があります。これらの価格も日々
の金の価格により決まり、大きさごとにその日の値段が公表されます。

この地金型金貨には、発行元の国の通貨の額面も載せられていますが、
実際の売買価格はその日の金の価格と大きさで決まります。金の延べ棒
より小さい単位で手軽に購入できるので、金投資としては最適です。金
貨の種類により様々なデザインがあり、それも金貨を購入する楽しみに
なるでしょう。

純金積立は、資金が乏しく、ちょっとづつ投資をしたい、値段の上下を
気にしたくない方にお勧めできます。取扱い会社によって、差違はあり
ますが、だいたい3000円ぐらいから金の買い付けが可能です。そし
てまとまった重さに達した時は、金の延べ棒や地金型金貨、装飾品など
にして引きだすことができます。もちろんそのまま売却することも可能
です。

金の重さではなく、一定額内で買うので、金価格が高騰している日は少
量、逆に下落している日は大量に購入することになり、買い付けの平均
単価は下がります。このように価格が変動するモノを一定の金額内で購
入していく手法を、ドル・コスト平均法と呼びます。

この方法は難しいことを考える必要が無いというメリットがありますが、
一方で手数料が高くなるというデメリットがあります。仮に金の価格を
グラム5000円とすると、手数料や年会費の取引コストが、大手で7
%ほどかかります。また一番安い3000円の積立コースだと、1カ月
で買える金の量は0,6グラムあまり。100グラムに達するまで14
年もかかります。その点はご注意ください。

金ETFは、個人でも利用可能です。日本では、証券会社を通じて売買
できます。株投資と同様に売買できるのです。取引単位は1万円からで、
他の金投資法と比較して手数料が割安です。

ここでは金の延べ棒、地金型金貨、純金積立、金ETFを紹介しました
が、自分に合った方法を選択してみてください。

関連記事

ページ上部へ戻る