「安い金」というフレーズにはご用心

商材を安く仕入れたらできるだけ高く売って利益を上げる、それは商売
の基本であり、金のみならず投資商品の伝統的なトレードにおいての鉄
則とも言えます。そのため、金投資においても、まずはできるだけ安い
価格で金を購入しようと考えるのは当然のことです。

ところで、どうやって安く金を手に入れようかと思い悩むのは、投資家
のみならず誰でも同じなのですが、そこに付け込んでやって来る“金を
安く手に入れられる”という詐欺まがいの商売に引っかからないように
注意をする必要があります。それで大切な資産を失うことが無いように
気を付けなければなりません。

そもそも「安い金」というのは存在しません。金を換金する時の手数料
や国と国との間での為替の差は確かに生じますが、それを除けば金の絶
対的な価値・価格は万国共通。ですから、金が安く売っている所が海外
にある、という文言に釣られて現地に行ったとしても、為替の差額以外
で金を安く買えるということはあり得ません。その場合は、安ければ安
いほど、純金からは遠くなっていると考えるべきです。

更に付け加えるなら、金投資の取引を行う会社の信用リスクも考える必
要があります。確かに金自体には信用リスクは無いと言っても良いので
すが、金の積立投資をしている会社の信用度については十分に調査し、
常に目を光らせておかなければなりません。その点は、金の取引におい
ても他の投資商品と同様に慎重になる必要があると言えます。

関連記事

ページ上部へ戻る