金の先物取引とはどのようなもの?

金の直物取引(スポット)は、取引をした2日後に決済(T+2と呼ば
れます)されます。それの対極にあるのが先物取引(フューチャー)で、
取引してから1カ月、半年、1年後といった期日が決済日になる取引。
早い話が、未来の価格で取引しているのです。もちろんその期日に金の
価格がどうなるか事前にわかる訳ありません。ですが先物価格はスポッ
ト価格からおおよその価格が理論的に計算できるのです。

簡単に説明すると、スポット価格で金を購入して、それを仮に1年間保
有するのにかかるコスト、一般に購入するために借りた資金の金利を指
しますが、これを上乗せして、それからスポットで購入した金を1年間
運用して得られる金利(リースレート)を引くと、1年の先物を購入す
るための純粋なコストが割り出されます。

例えば、金の金利が資金の金利より高ければ、資金調達に要したコスト
より、購入した金の運用益が高くなるため、その分、先物価格がスポッ
ト価格より安くなります。しかし通常、資金の金利の方が高いので、金
は現物よりも、先物の方が高くなります。このような状態のことを一般
にコンタンゴと呼びます。反対に金の金利の方が高くなり、現物が先物
よりも高くなる状態をディスカウントと呼びます。

もう少し噛み砕いて説明すると、現物の需要が高い状態で、ともかく、
「モノ」が欲しいという状態にある時は、現物が先物より高くなる傾向
にあります。貴金属の中でも、市場規模が小さく、産業需要が高いプラ
チナやパラジウムが、よくディスカウントに陥ります。

コンタンゴには限界がありますが、ディスカウントには限界がありませ
ん。何故かというと、コンタンゴは「資金の金利-金の金利」以上の先
高の状態、いわゆるフルコンタンゴの状態になると、現物を買い、先物
を売り、そのままにしておいて決済すれば、リスクを負うことなく儲か
る状態が続きます。しかしリスクなしで儲かる状態が続くことは普通あ
りません。一方、ディスカウントの場合は、現物が足りない状態で、現
物を必要としている度合いが強ければ強いほど、先物との値差は大きく
なります。理論的にこれに歯止めはありません。普通このような状態を、
スクィーズと呼びます。

世の中ではリスクを負うことなく、利益を得ることはできません。仮に
そうなれば裁定が働き、ほぼ理論値に値段が戻るはずだからです。現物
と先物の価格はそうやって一定の関係を維持します。ただし小さなズレ
は絶えず生じており、そのズレを取り除く役割を演じるのが、裁定取引
を行う商社や金融機関、いわゆる金融業者になります。

先物市場の存在意義は何なのでしょうか?それはまずリスクヘッジ機能
を挙げることができるでしょう。金製品加工業者が金の現物を購入し、
同量の金を先物売りしたとします。その後、金製品が完成し、それが材
料代(金の購入額)と加工賃(会社の利益)の合算で売れたら、先物を
買い戻す。こうすれば金価格の変動による損をヘッジすることができま
す。先物取引は、原材料の価格ヘッジ機能を利用者に提供するのです。

その一方、リスクを負うことで、儲けを得ようとする投資家も先物市場
を利用します。本体価格の10分の1あまりの証拠金で、先物市場では
効率の良い投資ができます。ヘッジファンドは先物市場やCOMEXで、
レバレッジを効かせて、大きなポジションを取りに来ます。その結果、
金の市場に大きな影響を与えています。

関連記事

ページ上部へ戻る