なぜ金は長期投資が基本と考えられているのでしょう?

金の現物投資に関する限って言えば、短期的投資に適している効率の良
い資産とは言えません。仮に金の短期的相場で勝負をしてみたいと思う
なら、CFDや先物取引をお勧めします。売買スプレッドが広く無く、
証拠金によるレバレッジで取引ができますから、効率的。為替のマージ
ン取引と同様だと考えるとよいでしょう。

相場の短期的な変動で稼ぐつもりなら、相場が動きさえすればよいので
すから・・・。一番相場が動き、取引コストがかからず、資金効率がよ
いものを選択してください。

日本人ですので、その資産は円建ての株式や債券や預金であるのが通常
でしょう。しかし円建て資産が安全である良い時代は終わりました。ど
の資産も発行体次第では紙くずになってしまうのです。このリスクを避
けるためには、モノ自体に価値がある資産を選択する必要があります。

それが実物資産であり、不動産や金なのです。ただ不動産には、すぐに
処分できない流通性の問題や、税金などの保有コストの問題、そしてそ
れ自体があまりに高額なために手軽に投資できないという問題がついて
きます。一方、金は小口化でき、保有コストがほとんどかかりません。

金の通常取引単位は1キログラムで、グラム5000円で計算すると5
00万円程度です。もちろん100グラム単位(50万円)でも取引可
能です。また100グラムの金ならば、毎年お子さんやお孫さんへ贈与
しても税金がかかりませんし(毎年評価額110万円以下まで)、長期
保有することで、贈与税の優遇措置を受けられます。

消費税が上がる場合の購入についてはどうでしょうか?消費税が上がる
前に金を購入しておいた方が良い理由というものがあります。短期的だ
けでなく、長期的に見ても購入しておくべきだと思います。

現在消費税は10%まで上がることがほぼ確実です。ですが、10%で
止まる保証はありません。現在日本の財政は火の車状態で、2013年
3月時点で、国の借金は960兆円にのぼり、2014年にはおそらく
1000兆円を超えるでしょう。また歳入が42兆円あまりしかないの
に、歳出はおよそ90兆円。1年で50兆円不足しているのです。そし
てその不足分は借金で賄っている状態なのです。

財政再建のためには、大幅な歳出削減と増税が不可欠です。世界的な法
人税減税の動きから、増税できるのは消費税ぐらいしか残されていませ
ん。ですから消費税が10%で止まらず、それ以上になっていく可能性
が高いのです。現在消費税を含む付加価値税の世界的平均は、20%前
後です。将来的にその水準になるとすれば、今の日本の消費税が15%
も上がることになります。

ハイパーインフレや財政破綻という悪夢のシナリオに進みたく無ければ、
増税が不可避。そうすると今、この時に金を購入するべきなのです。

短期的変動に一喜一憂せず、金融ポートフォリオの一部として、金を保
有するのは合理的です。金の保有は、短期的な利益を得るより、長期的
な保険の一種と見るべきなのです。「買っていたのを忘れてた」ぐらい
がベストなのです。

関連記事

ページ上部へ戻る