金への投資の鉄則は「鈍感になること」

金は、大きな価格変動が起こりにくい、金融商品の中ではリスクが低め
の立場であると言えます。また、金自体の希少価値性から見ても、どん
なことがあっても価格はゼロにはならないと言えることから、金は投資
の優等生の一員だと言っても過言ではありません。

そんな金への投資リスクを更に軽減するための秘訣、それは、金をでき
るだけ長期間保有すること。

確かに大きな価格の変動は金には無かったとしても、細かな価格の上が
り下がりは日々起こっています。従って、短期で手放してしまったら、
十分な利益を確保できないばかりか、損をしてしまうことも考えられる
のです。金は、長い目で見ればゆっくりと右肩上がりの価格上昇傾向に
あるのですが、あまり日々の値動きに敏感に反応するタイプの金融商品
ではないと言ってもよいでしょう。

ですから、ずっと忘れていて、気が付いたら金の価格が上がり、利益が
生じていた、という位の、ある意味のんきな姿勢で金投資を捉える必要
性があります。つまり、すぐに資金を増やしたいと考える場合や、直近
で使う予定のあるような資金で金へ投資するのは避けるべきなのです。
結局、金への投資においての鉄則は、目先の利益を追わないようにする
という点にあると言えるでしょう。

関連記事

ページ上部へ戻る