分散投資における金の黄金比

分散投資において金はどのような意味を持つのでしょうか。

「有事の金」と言われるように、たとえ貨幣の価値がゼロになったとし
ても、金の価値は絶対にゼロになることはなく、その上どの国でもすば
やく換金できるのが金のメリットです。持ち運びやすいとまでは言わな
かったとしても、いざという時には持って移動することもできます。

投資の対象でありながら、価値の大きな目減りが発生しにくい金。しか
し、いくら金が安全だと言っても、全財産を金に投下するというのは好
ましくありません。金は保有しているだけでは利子を生むことがなく、
資産を積極的に増やすということとは縁遠いというのがその理由。また、
金と言っても価格変動リスクや為替リスクは持ち合わせていますので、
手放しで安心できるものでもありません。

金が金融資産に占める適切な割合としては、全体の3割以下と考えて良
いでしょう。その他は、日本人の多くが利用しているであろう預貯金、
それに株や各種債券、不動産などの金融商品に投資する分散投資が理想
です。

様々な商品に分散させておけば、その1つに何らかのリスクが生じても、
最悪の事態は避けることができます。また、金だけでは得られない高い
収益性をもたらす金融商品によって、資産運用に楽しみが生まれて来る
ことでしょう。

関連記事

ページ上部へ戻る