分散投資でリスクを回避する方法

資産運用を考える時に意識しておかなければならないのが、リスクをい
かにして回避するかということです。まして、リスクを伴う可能性が多
分にある投資の場合、そのリスク回避への対策は絶対条件となります。

そのための手段として考えられるのが「分散投資」です。分散投資は、
資産を、様々な特徴を持つ商品に分散させておくことを言い、仮にその
投資先の1つが大きなリスクを背負うことになった場合でも、他の資産
はしっかり守っていこうという取り組みになります。

例えば、最も堅実な資産運用として預金が挙げられます。預金は、ペイ
オフ解禁によって元金が1千万円までしか保証されなくなってはいます
が、それを除けば預けたお金が減ることは原則としてありません。ただ
し、現在では金利は限りなくゼロに近いため、銀行に預けていても資産
が増えるのは僅か。結果、すぐに引き出せるというメリットを考慮し、
預けてもほとんど増えないが、近い将来に利用する可能性が高い資金に
ついては銀行に預けておくのが安全である、ということになります。

なお、預金に関しては、円のほかドルやユーロ建てなど複数の通貨で保
有することによっても、諸リスクが軽減される可能性があります。

一方、金をはじめとする各種投資は、預金とは比較にならない高い収益
性が期待される訳ですが、価格が下がることによって大損する可能性も
内包しています。このことから、余裕のある資金で投資によって収益を
目指すべきです。特に金は、他の金融商品と異なる値動きをする傾向に
あることが面白さの1つであり、なおかつ短期間での価格の乱高下があ
まりないため、じっくりと値動きを見守る余裕も必要になります。

関連記事

ページ上部へ戻る