時間差手法でさらにリスクを軽減

一攫千金は誰もが夢見ることですが、投資はプロであっても困難が伴う
ものであり、1つの投資先にだけ資金を投入するのは好ましいことでは
ありません。そんな投資の一極集中によるリスクを回避するためには、
資金を様々な銘柄に分散投資することが有効ですが、もう1つ、お金で
はなく時間を分散させて投資を行う手法も広く実行されています。

例えば「ドル・コスト平均法」と呼ばれる買い付け方法は、同じ資金で
特定の銘柄を購入する際に、1回で買ってしまうのではなく、敢えて小
分けにして、時間をずらして五月雨式に購入します。

もしも1回で予定金額分を買おうとすると、その後価格が上がれば「そ
の時に買って良かった」と得をすることにはなりますが、価格が下がっ
てしまった場合は「もったいないことをした」という結果になってしま
います。そこで、ドル・コスト平均法を用いて、時間をずらして同一銘
柄を一定価格分ずつ購入するようにすれば、価格が高い日には購入する
量は少なくなるものの、価格が安い日にはより多く購入できるため、結
果として、平均購入価格を引き下げることができるようになります。

この方法は、もちろん金においても有効です。実際、各社が販売してい
る金投資の積立プランは、この仕組みを利用して、少しずつ、そしてで
きるだけ購入時のリスクを減らすようにしながら資産運用・資産形成す
ることをサポートしているのです。

関連記事

ページ上部へ戻る