金の現物を購入する方法は、三つあります

金の現物購入をする方法は三つあり、金地金の購入のほかに「地金型金
貨」を購入する、「純金積立」をするという買い方があります。

地金型金貨とは、各国の造幣局から発行されている金貨で、貴金属商や
コインショップで購入できるものです。発行元である各国政府が重量と
品位を保証しています。オーストリアの「ウィーン金貨ハーモニー」や、
カナダの「メープルリーフ金貨」など、多種多様な種類があります。

「純金積立」は金融商品です。貴金属商や鉱山会社、銀行などでも扱っ
ています。口座から毎月一定の金額を引き落とし、日々の金価格に応じ
自動的に買い付け、保管もしてくれるものです。金取引に慣れていない、
初心者向けの商品とされています。

それぞれに商品の仕組みが違うので、用意すべき購入資金の金額には大
きな差が出てきます。

金地金は5グラムから購入できますが、500グラム未満の購入には、
手数料(スモールバー・チャージ)がかかります。手数料がかからない
よう、500グラムのバーを買うとよいのですが1グラム4000円と
すると、200万円が必要な計算になります。

地金型金貨には多くのサイズがあり、中には1/10トロイオンスの金
貨もあります。約3.11グラムです。金地金よりは購入資金の調整が
しやすいということになります。

「純金積立」は、毎月の積立金額を自由に設定できるので、手軽な購入
方法とされています。会社にもよりますが、一ヶ月の積立額が3000
円以上あれば、千円単位で設定することができます。

関連記事

ページ上部へ戻る