初心者向きの「純金積立」そのメリット、デメリット

「純金積立」は、広告などで「初心者に最適」とうたわれています。
月々3000円ほどの手軽な金額で行えるからですが、プロのディーラ
ーにも購入している人が多いそうです。金の価格が長期には上昇傾向に
あると見られている現在、有効な投資手段のひとつだからです。

「純金積立」は、指定の銀行口座から毎月一定金額を引き落とし、その
金額を営業日に均等に等分して金を買い付けるというものです。毎月の
積立額は会社によって違いますが、3000円以上1000円単位が一
般的。

たとえば、もしその月の営業日が20日間だったら、一ヶ月分の積立額
を20等分します。一営業日ごとに、20等分した金額の金を購入する
ことになります。一日ずつの予算が同じ金額で、金の価格は毎日変わる
わけですから、金価格が高い日には金を少しだけ買い、安い日は多めに
買うことになります。

金地金を購入すると、自宅に保管するか、安全な貸金庫などに預ける必
要がありますが、純金積立の場合、取扱い会社が金を保管してくれるの
で、その手間がかからず、非常に便利です。

ただし、純金積立は、金価格の状況によっては、10年単位での長期的
な視野を持っていないと利益が出ません。それがストレスになってしま
う人には向いていませんし、今すぐ金を売却したいと思いついた時に、
ちょうど都合よく金価格が上がっているとは限りません。あくまでも余
裕資金で行うべきでしょう。

関連記事

ページ上部へ戻る