新たな投資手法「金ETF」、そのメリット、デメリットとは

金価格上昇に「金ETF」が影響するようになりました。とくに欧米で
は、株式や債券に投資していた資金で、「金ETF」を購入する個人投
資家や機関投資家が増えています。

「金ETF」は1990年代にアメリカで開発された「金価格連動型の
上場投資信託」のこと。金価格に連動して値段の変わる投資信託を、株
式のように、取引所で売買できるようにしました。

金ETFは、株式と同じように、日々変動する値動きを見ながら、やは
り株式のように買ったり売ったりする商品。そのため、証券口座の開設
が必要になります。購入手数料は、10万円以下の注文だと、大手証券
会社で2000~3000円、インターネット証券では100円以下と
いうところもあります。

金地金を直接購人するのにくらべて、手軽に金に投資できるのが特徴。

また「有事の金」という言葉があるように、金ETFは株式が下落する
経済危機や金融危機で値上がりしやすく、値動きが株とは反対になりや
すいもの。そのため、株が安くなったときは、金ETFが株に流れてい
た資金を吸収することが多くなります。

ただし、金ETFのなかには、現物の金を担保として発行していないも
のがあります。そのかわりリンク債を発行していることが多いのですが、
リンク債は、発行元が価格を保証するという契約をしているにすぎませ
ん。万が一、発行元が経営破綻すれば、投資資金が返ってこない可能性
もあるため、注意が必要です。

関連記事

ページ上部へ戻る