金の先物投資とは、どういう取引か

先物取引は、将来の一定期日に商品を受け取る「権利」のやりとりをす
るもの。商品の購入や保有というより、資産運用の目的で活用されてい
るもので、変動する商品の値段をあらかじめ決めて取引するのが特徴。

たとえば、1ヵ月後に、金1キログラムを400万円で購入する、とい
う契約を結ぶと、実際の金価格がどんなに上下しても、1ヵ月後にはそ
の値段で取引が行われます。

現実には、期日に金地金をやりとりすることは少なく、反対売買して差
額を精算する「差金決済」が中心となっています。

この金の先物取引は、日本国内では、これまで東京工業品取引所と、中
部大阪商品取引所の二社に上場されていました。ですが、中部大阪商品
取引所は2011年に解散しました。

東京工業品取引所は2013年2月に上場30周年を迎え「東京商品取
引所(TOCOM)」に社名が変わりました。現在はこちらで金の先物
取引を行うことが出来ます。

取引単位は二種類で、1キログラムの「金標準取引」と100グラムの
「金ミニ取引」があります。

実際に取引をはじめるには、口座を開設することが必要になり、口座開
設と維持費は無料で、手数料は自由化されています。

また、総取引額の一部を「証拠金」として預けて取引きします。金額は
取引額の2~20パーセントくらい。取引を開始するにあたっては、そ
の費用も考えなければなりません。

関連記事

ページ上部へ戻る