日本一、金を買う人が多い都市は?

貴金属店などで、地金やコインを購入したければ、店頭に出向いて手
続きするだけ。ただ、「犯罪収益移転防止法」にもとづき、現金で2
00万円を超える売買には本人確認が必要で、運転免許証やパスポー
ト、健康保険証などの提示が必要です。

また、貴金属店によっては、金額に関係なく、本人確認をおこなって
いる店もあります。

ところで、日本一たくさん金が売れる都市はどこでしょう?

答えは、東京。

東京は日本一人口が多い都市なので、やはりそうなります。

それでは、同じ人口あたりで比較した時に、日本一金を買う人が多い都
市はどこでしょう。

答えは、京都市。

理由ははっきりとは判りませんが、寺院や神社が多いためではないかと
いわれています。

京都は歴史の長い都市です。歴史的に見ても、京都には古くから国内外
からさまざまな品物が流入していますから、京都の人々は新しいもの、
美しいもの、豪華なものを見慣れていますし、寺社の金装飾もなじみ深
いものです。

また、京都は「応仁の乱」「蛤御門の変」などの、多くの政変を経験し
てきた都市です。現在の「有事の金」に相当する考え方が、地域に根付
いている可能性もあります。

実際、日本国内で比較的金が売れるといわれている都市は、城下町が多
いのようです。たとえば福島県でいうと、県庁所在地の福島市よりも、
平家の落人が落ちのびた地と言われ、幕末の激戦も経験している会津若
松市のほうが金を購入する人の割合や金額が多いのだそうです。

関連記事

ページ上部へ戻る