金やプラチナには信用リスクがないのは本当か?

金やプラチナの宣伝に「金やプラチナには信用リスクがない」と書いて
あることがあります。信用リスクとは、発行体(株式では企業、債券で
は国や政府など)が破綻すると、その株式や債券が無価値、無意味にな
ってしまうリスクのことです。それで、それ自体に価値のある金やプラ
チナは実物資産といわれており、価値がゼロになることはないとされて
います。

確かにそういう意味での信用リスクはないのですが、金やプラチナを扱
う取り扱い会社には「信用リスク」があるのです。

たとえば、純金積み立てで金を積み立てているとします。その積立を消
費寄託でしている場合に、取り扱い会社が破綻すると、預けていた金も
会社の資産の一部ですから一般債務と同じ扱いになり、返ってこないこ
とがあるのです。

また、購入した金地金を売却するときには、購入したのと同じ会社で売
却するのが最も簡単です。リスクや手数料もありません。

自社販売の地金しか、買取を取り扱っていない会社もあります。他社販
売の金地金について買取の取り扱いをしている会社でも、買取金額が低
めに設定されていることがあります。

もちろん、ETFや金鉱株など、有価証券による取引の場合は、取り扱
い会社の信用リスクはより大きく関わってきます。

関連記事

ページ上部へ戻る