欧米で好まれている金投資の手法は

金やプラチナに投資するにはさまざまな方法がありますが、やはり、も
っとも基本形な投資方法は現物投資になります。日本では、価格の安い
ときに取り扱い店頭で金地金を買って、それを自宅に持ち帰って保管す
るというスタイルが、最も一般的なようです。

次に人気があるのは、純金積立やプラチナ積立です。

では、日本以外の国、たとえば欧米では、どのような投資をしているの
でしょうか。

ヨーロッパの場合、人気があるのは金貨やプラチナ貨です。

特に、紀元前からの長い歴史があり、その裏づけがある金貨に人気があ
ります。日本ではそこまでではありませんが、ヨーロッパの人たちにと
っては金貨はとても身近な存在なのです。資金に余裕がある時や、これ
これの記念日には金貨を買う、と決めておき、少額ずつ楽しみながら、
定期的に買い続ける、という習慣があるようです。また、金貨にほどこ
された彫刻の美しさも魅力です。

その一方、アメリカで人気なのは、金ETF

そもそも、この形態が開発されたのがニューヨークですし、金融機関に
金を保管してもらい、その証書を売買するので、現物保管するときと違
って、盗難リスクがありません。そういったスタイルが、投資家の注目
を集めました。

日本では盗難リスクより、預け先の破綻リスクを警戒するようです。実
物資産のほうが安心、というのは、日本独特かもしれません。

関連記事

ページ上部へ戻る