金やプラチナで高収益を目指すには

人の考え方はそれぞれですから、古来多くの人々を魅了してきた金の輝
きにも、産業界で活躍しているプラチナの魅力にも関心がない、という
方も、いらっしゃるかもしれません。

かたや、とにかく金やプラチナに関しては、なにより売却益を追求した
い。かといって、金地金の購入・売却で得られる利益くらいでは、物足
りない。金地金以上にハイリスクでもよいから、ハイリターンを狙いた
い。そういう方には、先物取引という方法があります。

商品先物取引というのは、将来の一定時期に商品を受け渡すことを約束
して、その価格を現時点で決める取引のことです。

ただし、代金と商品を必ず交換しなければならないわけではありません。
基本的には、約束の期日が来る前に、反対の売買契約をして、支払う代
金と受け取る代金の差額を精算すれば、取引は終了します。

取引単位は、金の場合1キログラムからです。ですが、その20分の1
程度の証拠金(保証金)で、1キロバーに相当する取引ができることに
なっています。それだけに利益も大きいのですが、損をした場合の損失
も大きくなります。ハイリスク・ハイリターンの取引の典型といえるで
しょう。

近年は、「金ミニ取引」という、100グラムから取引できる仕組みが
登場しました。

プラチナでも、金と似たような先物取引ができます。

関連記事

ページ上部へ戻る