金やプラチナへの投資を始めたくなったら

金は、以前は宝飾品としての需要が最も多かったのですが、現在では投
資の対象としての需要が増えてきました。金は通貨と違って、国家の保
証と関係なく、価値があります。また、金は株と違って、発行元の動向
と関係なしに価格がつきます。

そのときどきの政治の動向や経済状況の変化により、そういった金の特
性に関心が集まって金価格が上ったり、逆に株価が上昇したときなどは
関心が失われ、金価格が下がります。

プラチナは、金と同じように、宝飾品や医療分野などにもかなりの需要
があるのですが、通常は経済状況の影響が大きく、とくに自動車産業の
景気を反映しやすい金属。

自動車の減産が報じられたり、自動車メーカーに関する報道だけで、価
格が変化することがあります。これは、金にはない、プラチナ特有の現
象です。

金やプラチナの値動きの特性はだいたいこのようなものですが、ではそ
れをふまえた上で、それでも実際に投資したいとなったら、なにからは
じめたらよいのでしょうか。

金やプラチナに関する商品や投資には、何種類かあります。新聞や雑誌
などで色々と宣伝されていますが、実は投資方法の種類はそれほど多く
はありません。でもその中からどれを選んだらよいか判らない場合、ど
うしたらよいのでしょうか。それぞれの投資先を、どのように比較した
らいいのでしょうか。

金やプラチナ投資のもっとも基本的な形は「現物投資」

「現物投資」とは、読んで字のごとくで、現実に存在する物体に投資を
することです。つまり、地金や地金型金貨を購入するスタイルのこと。

地金を購入できる場所は、貴金属店や宝石商、鉱山会社などです。直接、
店頭に出向いて購入するのが一般的ですが、最近は電話やインターネッ
トでの注文を受け付けている会社もあります。

金地金を販売しているのは、いろんなブランドの「精錬会社」。販売会
社によって、取り扱っているブランドが異なりますが、本物の地金は、
基本的にどのブランドのものを買っても、価値は同じです。

購入した金地金は、買ったときと別の会社で売却したい、というときブ
ランドによって売却の価格や手数料に差異が生じることがあります。ま
た、別会社の買取そのものを取り扱っていない場合もありますので事前
に確認や問い合わせをしたほうがいいでしょう。

購入価格より売却価格が高ければ、それで利益を得られるわけです。

日本には、ロンドン金市場で公認された精錬会社があります。地金を買
うときには、公認の精錬会社の刻印がある「グッド・デリバリー・バー」
を選ぶようにしましょう。これは、グローバル・スタンダードとして、
世界中でその価値が認められている表示です。

「現物投資」には、地金型コインを購入する方法もあります。

代表的な地金型金貨として、オーストリア政府が保証する「ウィーン金
貨ハーモニー」、カナダ政府が保証する「メイプルリーフ金貨」などが
あります。

また、地金型プラチナコインとして、アメリカ政府が保証する「プラチ
ナイーグルコイン」、カナダ政府が保証する「プラチナメイプルリーフ
コイン」などがあります。コインの魅力は美しく手軽であること、地金
よりも少ない金額で購入可能だということでしょう。

コインには、1オンスのほかに、2分の1オンス、4分の1オンス、1
0分の1オンスがあり、全部で4種類あります。1オンスは約31グラ
ムですから、2分の1オンスが15.5グラム4分の1オンスが7.7
7グラム、10分の1オンスが3.1グラムということになります。

時価にもよりますが、金貨の場合13,000円くらいから、プラチナ
の場合は15,000円前後から購入可能です。また、購入には手数料
などがかかることがあります。

地金型コインは、コインに加工する費用などを含む「プレミアム」が加
算されることがあります。購入も売却も、同じ重量の地金より、少し高
い価格で行われます。

記念硬貨など、趣味として収集される「収集型コイン」は、「金地金型
コイン」とは性質が異なります。皇室での記念行事や、オリンピックな
どの時に発行され、金貨の発行枚数と、人気度で価格が決まるものです。

もちろん、万が一収集型コインの人気がなくなって価値が下がってもコ
インに含まれる金量そのものはなくなりません。ですから、金量に応じ
た価値はなくなりません。

さらに、「現物投資」の一つに、純金積立があります。

これは、毎月一定額で、継続的に金を購入するもの。毎月一定の金額を
指定の口座から自動的に引き落として、その金額を取扱会社の営業日に
応じ日割りにします。毎日、その日割りの金額分の金を買って積み立て
ていきます。

金の時価によって、価格が安い日には多く買い、高い日には少量買うこ
とになり、平均的なコストを下げられます。

たとえば月3000円の純金積立を申し込んだとします。その月の営業
日が20日間だったら、営業日一日ずつについて、毎日150円ずつ金
を購入することになります。

積み立てた金の地金は取扱会社が保管します。投資家の申し出によって
引き出したり売却したり、会社によっては、金貨やジュエリーと交換で
きることもあります。さらに、買いためた金は取扱会社が預かってくれ
ます。

保管形態は「特定保管」「消費寄託」の二種類があります。どちらの方
法で保管されるのか、確認しておくことが大切。「特定保管」とは、取
扱会社の資産と、顧客の地金を完全に分けて管理するというもので、万
が一、取扱会社が破綻しても、顧客の地金はすべて保管されます。

「消費寄託」とは、取扱会社が顧客の地金を運用して、運用益の一部は
顧客に還元するというものです。ただし、取扱会社が破綻したら、地金
が返却されるとは限りません。

プラチナにも、純金積立とほぼ同じ仕組みの商品があります。

関連記事

ページ上部へ戻る