投資の対象に金貨も含むべき?

金貨は日本においても発行されますが、「収集型の金貨」がほとんどで、
希少価値によって価格が変わり、専門の業者が扱っています。

金純分の価格と額面価格を大きく超える固定価格で売られているのが普
通であり、収集家への売却を対象として、人気により価格が決まってい
ます。額面はありますが、メダリオンとしての側面が強く、発行枚数が
少なかった頃の記念切手のようなモノと考えればイメージしやすいと思
います。

現在ではあまり見かけませんが、「通貨型金貨」という法定通貨として
発行されるモノもあります。歴史的に見れば、通貨に金や銀を用いてた
時代がありますが、相場の変動により金や銀の価値と通貨の価値にズレ
が出てしまうという理由で、現在は金や銀をそのまま使う例は無くなっ
ています。

投資の一環として金貨の購入を考えているなら、「地金型金貨」をお勧
めします。海外の造幣局が製造している場合が多く、金の延べ棒と同じ
純度99.99%(まれに99.9%のモノもあります)の純金製で、
価格は当日の金の価値で変動します。

現在日本で購入できるには、オーストリアのウィーン金貨ハーモニー、
オーストラリアのカンガルー金貨、カナダのメイプルリーフ金貨などで
す。どの金貨も各国政府が保証しており、在庫さえあればいつでも購入
可能。ただ金の価格動向により品薄になることが多々あります。

地金型金貨は小口で金現物投資ができる商品です。金価格にプレミアム
が付いて、日々の金相場で価格が変動するのは、金の延べ棒と同様です。

金貨の大きさは、1トロイオンス、2分の1トロイオンス、4分の1ト
ロイオンス10分の1トロイオンスの4種類があります。1トロイオン
ス金貨ならば、2013年4月26日現在、田中貴金属店で購入する場
合、税込16万7498円となっております。これより小型の金貨はさ
らに安く購入できますし、小額で投資をしたいというニーズに合致する
商品だと言えます。

地金型金貨の場合、パーチャージはかかりませんが、鋳造コストがプレ
ミアムとして上乗せされるのが通常ですので、1グラム当たりに換算す
ると金の延べ棒より割高になります。ただし地金型金貨は売る時もプレ
ミアムを上乗せした状態で売却可能です。もし金貨を傷つけた場合は、
金貨としてではなく、地金としての買取になりますので、プレミアムが
付かなくなります。保管にはご注意ください。また子供の将来のため、
子供の誕生日毎に1枚づつ金貨を購入される方もいるそうです。

金貨には表面に通貨として使用する際の額面価格も載せられていますが、
普通、金の価値よりも低い価格が載せられています。以前日本で鋳造さ
れた昭和天皇在位60年記念金貨は、額面が10万円でしたが、使用さ
れている金の量は、1枚当たり3万円から4万円程度の量でした。その
ため偽造品が大量に製造され問題となったことがあります。それ以降そ
のような事態を避けるために、額面価格は実際の金の価値より低くする
のが普通となりました。仮に額面価格が1万円だと、実際の金の価値に
なおすと7万円になる場合、額面価格で使用する人はいないでしょう。

先程述べた昭和天皇在位60年記念金貨の価値は、9万5000円前後
となっています。これは金の価格が当時より上昇しているからで、もう
少し金の価格が高くなったら、額面価格を超えることになりそうです。
また金の価格が下がったとしても額面価格で使用すれば問題ありません。

この金貨を購入した方は事実上、プットオプションを買ったことになり
ます。損失は限定されていて、将来の利益の可能性は上限がありません。
相場と金貨に含有される金の量の関係で起こった珍しい例と言えるでし
ょう。

関連記事

ページ上部へ戻る