中央銀行も金を保有しているの?

アメリカの中央銀行は8133.5トンの金を現在も保有しており、世
界で最も金を保有しています。また外貨準備高のおける金の割合も75
%に達しています。

貿易の決済は通常ドルで行われるため、アメリカ以外の国は、ドル建て
の資産を保有しておりますが、アメリカ自身、幾らでもドルを金融政策
のために発行できますから、他国の通貨の信頼がドルに及ばない以上、
他国の通貨を保有しても無駄なだけ。よってアメリカには外貨準備とし
て金以外選択肢がないのです。アメリカの中央銀行が保有する金の量は、
世界各国の中央銀行が保有する金のおよそ4分の1を占めています。

1950年代、イタリアとフランスは、ドイツと同じく金の保有量を増
加させました。それぞれ、外貨準備における金の割合が7割を超えてい
ます。具体的な量は、ドイツが3400トン、イタリア、フランスが共
に2400トンとなっており、保有する金の量は、世界のベスト5圏内
です。

他の欧州諸国に目を向けてみれば、オランダが612トンで外貨準備の
63%余り、ポルトガルは383トンで外貨準備のなんと91,5%が
金となっています。それ以外でもオーストリアが280トンで58%、
スペインが282トンで33%、そして驚くことにユーロ危機の元凶で
あるギリシャでさえも、111.7トンの金を保有し、外貨準備の83
.3%を金が占めているのです。これは2度の大戦を経験したことと、
ドルに対する密かな対抗心が理由だと言われています。この数字から考
えると、欧州ではドルよりも金を信頼していると思われます。

ちなみの世界の中央銀行が保有する金の総量はおよそ3万トン。その内
アメリカが8100トン、欧州各国が1万1000トンを保有しており、
両者だけで占有率が6割を軽く超えます。

現在、金の保有ランクは、1位アメリカ、2位ドイツとなっていますが、
それ続く3位は国際通貨基金(INF)です。INFは1945年に設
立され、為替や通貨制度の安定の名目で、金を保有しています。

もともと加盟国の中央銀行に金の保有を義務付けたのが、このINFで
した。一定以上の外貨準備を金で保有することで、債務の返済、為替介
入、そして何より輸出入の決済をスムーズに行わせるのが目的です。

現在INF加盟国は188カ国をかぞえ、その加盟国は外貨準備として
保有する金の量を申告しなければならないようになっています。その申
告されたデータから、各国の中央銀行が保有する金の量がわかるのです。

先進国だけではなく、新興国の中央銀行も最近、金の保有量を増加させ
ています。新興国の外貨準備はドルに偏っていますので、その是正が目
的だと思います。メキシコ、ロシア、タイなどが数十トン単位、ベラル
ーシ、タジキスタンが数トン単位で金の保有量を増やしているようです。
この5年あまりで、新興国が行った金の買付の総量は1000トンを超
えましたが、これも金価格の上昇に影響を与えたと見られています。

新興国の外貨準備はまだドルに偏っていますので、新興国の金の買付は
当分終わらないと思われます。

ここで注意しなければならないのは、世界一の外貨準備高を誇る中国の
動向。中国は金を1054トン保有していますが、外貨準備における占
有率はわずか1.7%。この数字は過去3年間全く変化していません。
実は中国はここ数年、金の保有量の数値を更新していないのです。中国
は世界一の金生産国であるのと同時に、2011、2012の2年間に
1000トンもの金を輸入しているのです。それにも関らず中央銀行の
金の持ち高が変化しないのは、おかしいと言わざるをえません。実際の
ところ、中国の金の持ち高はかなり上昇していると予想されます。

またある中国の高官は、「中央銀行が購入しなくても、人民が購入すれ
ば、その金は国が保有するのも同じ」といった趣旨の話をしたそうです。
この発言から考えると、中国国内の金はかなりの量になっていると考え
られます。

関連記事

ページ上部へ戻る