最近になって金に注目が集まっているのはなぜ?

現金の預け先として真っ先に思い浮かべるのは、銀行などの金融機関で
はないでしょうか?しかし日本では低金利が10年も続き、預けても増
えることを期待できる状況ではありません。

では株式投資はどうでしょうか。値下がりリスクはありますが、預金よ
りも高い利回りを期待できます。しかし株式も日経平均株価を見れば分
かる通り、20年あまり低迷中。

その二つをしり目に2000年代に入って絶好調なのが「金」です。金
の価格は1グラムあたり2000年には1000円前後でしたが(円建
て)、2013年には5000円前後、なんと13年で5倍になってい
るのです。値が上がると注目が集まり、買う人が増える。そして買う人
が増えたおかげで、また値上がりし、注目がさらに集まるという好循環
が続いているのです。しかしなぜだか日本人で金を買うのはまだ少数派
です。他の世界の人々は買っているのに。では、なぜ金がこれだけ注目
を浴びて買われているのか詳しく見ていきましょう。

人類史上壮大な実験でもある欧州の統一通貨「ユーロ」の導入。同じ通
貨を使用するというだけでなく、同じ経済政策を取るという点が実験な
のです。2009年秋、ユーロを導入した国のひとつであるギリシャは、
大規模な赤字が有るにもかかわらず、過少に公表していたのが明るみに
出て、市場でも信用が低下、国債価格が暴落しました。悪いことにユー
ロ圏内の少なくない銀行が、ギリシャ国債を保有しており、その経営を
揺るがす問題となっていきました。銀行が破たんしたらどうなるか。

リーマンショックを経験した世界は、そのインパクトを十分に理解して
おり、切迫した危機感が世界を覆いました。

同じ通貨を使用しているので、他のユーロ導入国にも少なくない影響を
与え、それは導入国間の関係にもヒビを入れました。ユーロ導入国は、
ギリシャを建て直すため、現在も努力しております。

ユーロ導入国の中には、ギリシャ以外にも巨額の財政赤字に苦しんでる
国があります。今後ユーロはどうなるか。そういう不安が金に投資資金
を向かわせているのでしょう。そのため2000年代には金の値段が急
騰したのです。

金には国籍がなく、印刷されただけの紙幣とは異なり、「実体」があり
ます。リスクを感じ取ったら、金が注目を集め、盛大に買われる。そん
な傾向が以前からありました。もしもの時に金、そんな信仰に似たもの
があるのです。

ここ最近はリーマンショックやユーロ危機の影響で、ドルやユーロなど
の基軸通貨に対する信頼が揺らぎ、既存の金融商品のへの投資家の不安
が増大しました。そしてその結果、金への資金の流入に拍車をかけたの
です。

またこういった危機への対策である金融緩和がさらに金融資産の魅力を
低下させ、実体があるものの代表である金の価値を高めているのです。

関連記事

ページ上部へ戻る