金を購入する目的と金の埋蔵量の関係とは

資産としての価値と、金属としての価値、金にはこの2つの価値があり
ます。資産としては金の延べ棒(金地金)にして様々な方が買っていき
ます。また金属としては主に装飾品に加工されていきます。

現在ほとんどの国で、金は自由に売買され、そしてその需要と供給によ
り、その価格が決まっていきます。

みなさんは金が世界にどれくらいあるかご存知でしょうか?太古の昔か
ら人類が掘り出した金の総量は17万1300トンと推定されています。
だいたいオリンピック用プール3.5杯分です。一般にこれを金の地上
在庫と呼びます。世界中から金をかき集めてもこれぐらいしかないので
すから、貴重品とされるのも無理ありませんね。

前述した金の地上在庫の使用法を見てみると、8万4300トン分が装
飾品として、加工されています。そして3万3000トン分が投資用、
つまり金の延べ棒や金貨にされています。2万9500トンが世界各国
の中央銀行の所持分。これもほとんど金の延べ棒の形で保管されていま
す。

中央銀行が金を所持する理由は、危機が起こった時に利用する資産準備
のためですので、投資の一形態とみなせます。そうすると投資用の金の
総量は合計で約6万2000トンとなり、地上在庫の36%余りを占め
ることになります。それ以外、つまり工業製品などに使われているのは
2万トンとなります。

最近「金の装飾品高値で買い取ります」という宣伝や広告をよく見かけ
るようになりました。金の装飾品は、金の価値が上がると売買量が増え
ます。そして投資用の金も、資金需要の関係で売買されることがありま
す。このように金の地上在庫は所持者の様々な事情で売買され、新しい
用途の供給に回されます。

一方で、鉱山から掘り出されることによって、新しい金が陽の目を見ま
す。2011年は合計2800トン、地上在庫から売買されて供給に回
される金がおよそ1660トンですから、それらを合計すると年間供給
量は約4500トンあまりになります。これらの金はどのようになるの
でしょうか?

年間供給量の約4500トンのうち、ほとんどは装飾品が占めることに
なります。購入者は装飾品製造会社などです。その量およそ1970ト
ンで年間供給量の44%になります。次に多いのは投資用で1200ト
ン、年間供給量の27%を占めています。この投資用の需要が年々増加
しているので金への注目度が上がっているのです。装飾品用と投資用で
需要の70%を占め、残りは工業製品などの加工用となります。

投資用や装飾用など、「無くても生活できる」需要が金の大部分を占め
ています。銀や白金系貴金属(プラチナやパラジウム)の需要の80%
あまりが工業用に使われているのとは、対照的だと言えるでしょう。

関連記事

ページ上部へ戻る