2000年代に金の価格が上昇した理由とは

2000年代に入ると金の価格は上昇に転じました。その上昇の理由の
ひとつは、1999年9月に公表された「金に関するワシントン協定」
だと言われています。

欧州中央銀行とユーロ導入国14カ国の中央銀行がワシントンに集まり、
「金は重要な準備資産であり、中央銀行は今後合計2000トンを超え
て売却しないこと、さらに金の貸与やデリバティブ取引を制限すること」
などについて合意しました。

この協定は2005年に更新され、また2009年には、年間の売却量
の縮小や、協定参加国を増やしてさらに更新されました。この協定は後
に金売却枠「CBGA」と呼称されるようになります。

前述した「金に関するワシントン協定」は金の貸与も制限しました。金
の鉱山会社は、先物売りのために金の貸与を使用していましたが、その
金を鉱山会社に貸与していたのは銀行で、さらにその銀行に金を貸与し
ていたのは中央銀行だったのです。先の協定で金の貸与が制限された結
果、鉱山会社の先物売りも目に見えて減少しました。

2001年9月11日、アメリカで同時多発テロが発生。テロリズムが
世界の新たな脅威となりました。このテロ事件で、世界は安全ではない
という認識が広がり、金の価格が上昇を始めました。これに慌てたのが
金の鉱山会社です。鉱山会社は数年先まで安価で金を先売りしており、
金価格が上昇したら、利益が無くなってしまいます。鉱山会社は金の価
格高騰の恩恵を得ることができず、株価は上がりませんでした。株価が
上がると思っていた鉱山会社の株主たちはこの事態に激怒し、その意向
により、鉱山会社は先売りしていた金を買い戻し始めたのです。

こうして有力な売り手だった中央銀行と金の鉱山会社が、金の売却を転
換したため、金の価格高騰に拍車がかかったのです。

丁度このタイミングで登場したのが、金ETFでした。これは金の価格
と連動するという金融商品で、これと同量の金の延べ棒が買い付けられ、
倉庫に保管されるという仕組みです。

最初オーストラリアで2003年に上場され、瞬く間にロンドン、ニュ
ーヨーク、パリにも上場、特にニューヨークに上場後は、急激な残高増
を記録しました。これと同量の金が買い付けられ保管されるのですから、
金価格への影響もすごいものでした。2003年時点で1トロイオンス
400ドル近辺だった金価格は、わずか数年で1000ドルを超えたの
です。

金ETF自体は、10年間で一時26000トンを超える金を買い付け
保管しました。各国の中央銀行の保有量と比べても莫大な量と言えます。
この保管量は1年間の世界で生産される金の総量とほぼ同量です。

それだけの量の金が買われたのですから、相場に与えた影響はとんでも
ないモノになっています。400ドルから1900ドルまで上昇した金
価格のうち、500ドル分くらいは金ETFの影響ではないでしょうか。

また2010年以降、中央銀行が売り手から買い手にチェンジしたこと
も影響を与えています。年間に500トン売っていた中央銀行が、同量
の買い手になってのですから、市場では1000トンの買い手が出現し
たのと同様の衝撃があったと考えます。

関連記事

ページ上部へ戻る