金投資がもたらす家族の絆とは?

金やプラチナといった希少な貴金属に投資を行おうとするのは、それら
が万が一の時でも、価値がゼロになることは絶対に無いという安心感が
あるというのが理由の一つ。また、特に金なら、世界どこに持って行っ
てもほぼ同じ価格ですぐに換金することができますので、堅実に資産を
蓄えるという意味では、これ以上の優等生はいないかも知れません。

ところで、金やプラチナへの投資のメリットは、そのような蓄財という
側面でも現れるのですが、それらを実際に保有していることで、保有者
自身においても、そしてその家族においても、精神的な面で良い相乗効
果が期待できそうです。

例えば、購入した金の現物が家にあれば、投資の成果を目に見える形で
家族も認識できますし、それによって将来への安心感や、家族の連帯感
の向上も図られる可能性があります。

また、そのような“家宝”を、先祖代々受け継いで行くということにも、
家族のつながりを実感し強化することに一役買いそうです。ヨーロッパ
では、子どもの誕生日の度に金貨を購入し、人生の大きな節目にそれら
を子どもへの贈り物とする習慣がある地域もあるようです。

結論として、金・プラチナは、単なる投資の対象という次元を越えて、
永遠に輝きを放ち続けるその性質の通りに、家族の代々の絆を形成する
ための重要なアイテムともなるキャパシティーを有していると言っても
良いでしょう。

関連記事

ページ上部へ戻る