株式への関心が高まれば、金への関心は下がる

金と株の各価格の値動きには関係性はあるのでしょうか。

結論から言えば、金とドルとの関係と同じように、長期的に見て逆相関
の関係にあります。これは、株や各種債券が、ドル、あるいはドルと同
じように信頼性で上がり下がりする各国の通貨と大きく関係があり、や
はり、それらの信頼性が低下する時には金への投資が有効視されるから
です。

金は、確かにその存在感は無視できないのですが、持っているだけでは
利息が発生しないというのも1つの特徴です。従って、株や債券など、
金よりもリターンが大きい投資商品があるのであれば、投資家はそちら
に投資をし、相対的に金の価格は下がることになります。

逆に、例えばドルの信用が低下するような不況に入るようになると、ド
ル建ての株や債券も信用性が低下することになります。そうなれば、金
がなお一層存在感を増してくることになるのです。

これはドルに限らず、円、及び円建ての株式等においても同様のことが
言えます。ですから、もしも金より好調な金融商品があるのであれば、
当然、多くの投資家はそちらに傾くことになり、結果として金と株価の
値動きの逆相関関係がここでも現れるのです。不動産の場合も同様で、
不動産投資が有効だとなれば、やはり金への投資は抑制され値は下がり
ます。

関連記事

ページ上部へ戻る