金と預金・債券・株式などの違いは何?

別名ペーパー資産と、預金・債券・株式は呼ばれています。通帳や証書
などは紙ですし、発行している機関の信用を基にやり取りされているか
らです。発行している機関のことを特に発行体と呼び、発行体の経営状
態次第では、投資したお金が戻ってこない恐れがあります。これを一般
に信用リスクと呼びます。

最近は通帳を発行しないネット銀行も登場し、また国債や株式も電子化
され紙の証書が発行されないのが普通となってきました。こうなると本
当に発行体を信用して取引するしかありません。

さて、発行体の信用度を視覚化したモノとして格付けがあります。もっ
とも、格付けが最高ランクのトリプルAだったとしても、リスクが絶対
無いとは言えません。これはリーマン・ブラザーズの例を見ればわかる
と思います。残念ながらペーパー資産は信用リスクから逃れることはで
きないのです。

その一方金は、企業や国の信用を源にしている訳ではありません。金そ
のものの価値で取引されているのです。よって金には信用リスクという
ものが存在しません。金の価格は日々変動しておりますが、価値がゼロ
になることはありません。これがペーパー資産との大きな違いと言えま
す。

ちなみに金は燃えても消失することはありません。熱で原形を失っても、
金の延べ棒でも何でも再生することが可能なのです。阪神大震災の時、
金庫が燃えて、灰になった紙幣と、溶けてしまった金がクローズアップ
されたことがありましたが、これも後に再生したはずです。これは金が
価値の保存に向いていることを示す象徴と言えるでしょう。

日本における金の売買は、商社を中心に行います。金融機関の外国為替
を扱う部門が主に金取引をしている外国とはそこが異なります。外国で
は、金は国籍のない通貨とみなしているから、外国為替部門が扱うので
す。だからドルやユーロの通貨不安が起こると、通貨を売って金を買う
という動きになるのです。

中央銀行はお金の量をコントロールしていますが、極端な話、紙幣を刷
れば無尽蔵にお金を生み出すことが可能です。実際景気対策として紙幣
が刷られに刷られている現状です。債券や株式も発行体次第ではたくさ
ん発行することも可能なのです。

一方金は、存在する量が少なく、太古の昔から掘り出した分しか使用す
ることができません。毎年新しく掘り出していますが、市場に出せるよ
うにするには時間がかかります。通貨とは違い容易ではないのです。

ペーパー資産より優れた点がある金ですが、もちろんデメリットもあり
ます。預金や債券には当然利子が付きますし、利子は原則、発行体の信
用力によって設定されますので、ハイリスク・ハイリターンを選択する
ことも可能です。

一方、金には基本的に利子が付きません。株式は企業の業績によっては
配当金を得られるし、値上がりすることで含み益も得られます。その一
方、金は、それ自体は利益を生み出さないので、配当金は当然ありませ
ん。好景気の時は、ペーパー資産は金利や配当を生み出し、金融商品と
しての本領を発揮するのです。

まとめると金は信用リスクが無い、事実上の無国籍通貨で、ペーパー資
産と比べて価値の保存に向いており、希少で、金利や配当が原則無いと
ころが預金・債券・株式と違うところです。言うなれば、金は他の金融
商品のリスクヘッジの役割を持っていると言えます。

関連記事

ページ上部へ戻る