なぜ今、金の売却が増加しているのか?

装飾品、金の延べ棒、工業製品など、生産された金は様々な形に加工さ
れ出荷されます。金の相場が上昇すると、加工された金を売却しようと
する人は増加します。中古の金製品の買取を、スクラップ回収と一般に
呼びますが、一番多いスクラップ品は、ネックレスや指輪などの、古い
装飾品です。珍しいスクラップ品として、仏具や茶釜、そしてメダリオ
ンなどもあります。

2000年で620トン程度だった世界のスクラップ回収量は、200
9年には1735トンまで増加しました。日本でも最近、金の買取業者
が増えてきました。スクラップの量は、金の相場と密接に連動していま
す。相場が上がるとスクラップの量が増え、相場が下がると量が減るの
です。

金はどんな加工をされても金ですから、重さから適正な価格がはじき出
され、その価格で買い取ってもらえます。買い取られたスクラップ品は、
専門の製錬所へ運ばれ、そこで溶かされて、新しい金製品の材料になっ
ていきます。

金のスクラップは増加の一途です。多少摩耗するかもしれませんが、基
本的にそのまま回収することができます。回収のノウハウの蓄積も進ん
でいます。例えば、取引先の自動車メーカーが海外進出する時に、リサ
イクル業者も一緒について行き、自動車に使う、金やプラチナやパラジ
ウムのリサイクルを一手に担うのです。また電子部品を中心とする都市
鉱山をまとめて購入し、そこから金を取りだすことも行っています。

毎年生産される新産金が2800トンであるのに対し、スクラップから
再生される金の量は1600トン。だいぶん差がなくなってきました。

保有する金の延べ棒を売却する場合、購入した店舗で売却するのが原則
です。他の店舗だと買取を拒否されることもありますし、また相場より
安い値段でしか買い取らないところもあるのでご注意ください。金の売
却は信用できるところで行うのが一番です。

貴金属専門の大手、田中貴金属工業が、「リ・タナカ」という装飾品買
取専門ブランドを立ち上げました。ここは貴金属の相場から計算された
合理的価格で買取をしてくれます。大手の参入で、相場に合った値段が
公表され、装飾品の買取価格に透明性が生まれたと言えるでしょう。

この数年で、金・プラチナ買取ビジネスが急成長しました。家庭に放置
されていたスクラップ品が、金相場の急騰とともに、市場に出てきたの
です。一般に壊れたネックレスや古い指輪などに価値があるとは知らな
かった方が多数派でしたが、それが数千円、数万円で売却できることが
広く知れ渡ったのです。

売り手側は、いらない物を処分出来て、その上お金を受け取れますから
幸せです。一方買い手側も、相場より安い値段で買取り、次の日には、
相場が上がって利益が増加することも多々ありますから、こちらも幸せ
です。さらにこのビジネスを始めるのにほとんど投資する必要がありま
せんでしたから、新規業者がどんどん参入してきたのです。

しかし参入が増えたことで市場が飽和となり、相場より著しく安い値段
で強引に買い取る「押し買い」が社会問題として浮上してきました。

もう一度繰り返しますが、金を売却する場合は信頼できる業者を選択し
ましょう。またネット等で金相場をチェックすることも重要です。なお
金の買取価格は一般に税込価格ですので、そこもご注意ください。

関連記事

ページ上部へ戻る