金地金を購入する方法と取引量の仕組

金に投資するにはいくつかの方法がありますが、もっともシンプルな方
法は、金地金(きんじがね)を購入すること。金地金は「バー」とも呼
ばれる「金の延べ棒」。映画などに登場する「金のインゴット」も同じ
意味になります。

金地金は購入できるお店が決まっています。貴金属取引専門の貴金属商
(田中貴金属や徳力本店など)や、ほかに鉱山会社(三菱マテリアルや
住友金属鉱山など)でも購入できます。

購入できるお店は決まっていますが、それらの貴金属商や鉱山会社は大
都市に直営店を持っていますし、全国の宝石店や時計店などと特約店契
約を結んでいますから、そうした特約店を利用することにより、地方で
も金の売買ができます。

金先物取引を扱う商品先物取引会社にも、金地金を扱っているところが
あります。また、大手銀行や証券会社でも、支店によりますが購入でき
ることがあります。

金地金の取引は、それらの直営店や特約店に直接出向き、売買価格を確
認し売買するのが、もっともポピュラーでしたが、最近はインターネッ
トや電話で注文する人も増えています。

さらに、購入できる金地金の量は、取り扱い会社によって違います。

売買できる最少単位を5グラムにしているところが多く、10グラム、
50グラム、あるいは100グラ1キログラムなどと、重さの違うバー
が何種類も用意されています。それらを組み合わせて、希望の重量の金
地金を買うことができるような仕組みになっています。

関連記事

ページ上部へ戻る